FC2ブログ

小学校教諭が酒気帯び運転

NHK NEWS WEB
2019年10月24日(木)14時07分

小学校教員 酒気帯び運転で逮捕

24日未明、大村市の県道で酒を飲んで軽乗用車を運転したとして、大村市の小学校に勤務する53歳の教員が酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、大村市の竹松小学校の教員で、大村市西部町に住む清水れい子容疑者(53)です。

清水容疑者は24日午前1時ごろ、大村市森園町の県道で酒を飲んで軽乗用車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いが持たれています。

警察によりますと、軽乗用車の後ろのナンバープレートを照らすライトが消えていたことから警察官が車を止め、運転していた清水容疑者を調べたところ、基準値を超えるアルコールが検出されたということです。

警察の調べに対して清水容疑者は酒を飲んで運転したと容疑を認めているということで、警察はさらに事情を聞いて詳しいいきさつなどを調べています。

これについて、大村市教育委員会はNHKの取材に対して、
「学校教育に対する信頼を大きく裏切る行為であり、深くおわび申し上げます。今回の事案を重く受け止め、教職員に対する指導を徹底していきます」と話しています。
スポンサーサイト



わいせつ教諭2人を懲戒免職

テレビ長崎.
2019年10月11日(金)19時53分

抑止策の効果なし?再びわいせつ不祥事で…男性教諭2人を懲戒免職

長崎県教育委員会は、わいせつな行為を行ったとして男性教諭2人を懲戒免職としました。

わいせつに関する不祥事で教職員が懲戒処分を受けるのは今年度4件です。

「申し訳ありませんでした」

懲戒免職処分となったのは西海市立大瀬戸小学校の24歳の男性教諭と、長崎県立諫早東高校の57歳の男性教諭です。

長崎県教育委員会によりますと、24歳の小学校教諭は去年8月5日から6日にかけてツイッターで知り合った長崎県外在住の18歳未満の女性に裸の写真5枚を送らせたとして(長崎県外の警察に)「児童ポルノ法違反」の疑いで書類送検されました。

一方、57歳の高校教諭は今年7月16日、JRの列車内の隣で寝ていた女性の胸を触った長崎県迷惑当為等防止条例違反の疑いで警察に逮捕されました。

長崎県教育委員会は今年度から公立学校の教職員を対象に、自らの性的嗜好を理解する「わいせつ行為等防止のための自己分析チェックシート」を導入しました。

しかし、わいせつに関する不祥事での懲戒処分は今年度4件にのぼり、抑止につながっているかは不透明です。

高校教育課 鶴田 栄次 課長 「抑止にはつながっていないと結果的に出ているので私たちとしても非常に残念に思っていますけども、複合的に今後とも防止対策はやっていかないといけないと思う」

池松誠二教育長は11日付けで「わいせつ行為は蛮行で恥ずべき行為」とする「不祥事防止のための緊急メッセージ」を全ての教職員に届けています。

「あなたに合った学校を」教諭の暴言、和解成立

朝日新聞
2019年6月7日(金)00時00分

「あなたに合った学校を」教諭の暴言、和解成立 長崎

 長崎市の純心女子高校に通っていた発達障害のある女子生徒が、担任だった女性教諭=退職=から暴言を受け、精神的苦痛を被ったとして教諭と学校を相手に慰謝料などの支払いを求めた訴訟は6日、長崎地裁(武田瑞佳裁判官)で和解が成立した。教諭と学校が解決金50万円を支払う。

 訴状によると、女子生徒は入学した2017年の9月~18年3月ごろ、50代の女性教諭から「こんな問題も解けないなんて人間じゃない」「他の学校に行った方がいい」などと言われ、適応障害を発症して自主退学した。

 原告代理人によると、和解条項には、学校は教職員に研修を実施し、発達障害への理解を深めることや、生徒に対する言葉遣いなどの改善を盛り込んだ。

体罰の中学教諭を停職処分 生徒の自殺未遂で発覚

朝日新聞
2019年3月26日(火)20時45分

体罰の中学教諭を停職処分 生徒の自殺未遂で発覚 長崎

 長崎県教育委員会は26日、顧問をするバレーボール部の男子生徒(14)の頭を靴でたたくなどしたとして、県内の公立中の男性教諭(40)を停職1カ月の懲戒処分にし、発表した。生徒が体罰などを理由に自宅2階から飛び降り、腰の骨を折るなどの大けがをしたことから判明した。

 発表によると、教諭は昨年5月、この生徒を練習試合に出さず、試合会場で残っている宿題をやらせた。生徒が宿題を済ませて出場を何度も要望すると、教諭は「簡単には試合に出せない」と諭しながら、太ももから腰周辺を4回蹴り、自身の靴で頭を1回たたいたという。同じ理由から今年1月にも学校の体育館で同じ生徒の頭を自分の靴でたたいた。いずれも体罰によるけがはなかった。

 この生徒が体罰やいじめに触れた遺書を書き、1月の体罰の翌日、自殺を図ったことから体罰が発覚した。いじめについては、学校が対策委員会を設け、同学年の部員1人が生徒の背中を平手打ちしたことなどを認定する方向で報告をまとめているという。県教委は、いじめや体罰が自殺未遂の要因とみている。

 教諭は2017年5月の部活指導中にも、別の生徒に平手打ちをしたり、髪を引っ張ったりする体罰をしており、昨年5月は県教委による研修期間中だった。

 男子生徒は大けがをしたが現在は退院し、部活にも参加し始めているという。

女子児童9人にわいせつ行為を繰り返す

NHK NEWS WEB
2019年02月15日(金)17時54分

わいせつ行為 教諭を懲戒免職

長崎県内の小学校の28歳の教諭が、女子児童を体育館や会議室などに個別に呼び出してあわせて9人にわいせつな行為を繰り返していたことがわかり、県教育委員会は懲戒免職処分にしました。

懲戒免職になったのは、県内の小学校の28歳の教諭です。

県教育委員会によりますと、教諭は3年前の平成28年7月ごろからおととし2月ごろにかけて、自分が担任を務めていたクラスの4人の女子児童を家庭科室や会議室などに個別に呼び出して、口に指を入れるなどのわいせつな行為を7回繰り返していました。

またおととし10月ごろから先月9日にかけて、女子児童5人を体育館などに個別に呼び出し、マット運動の指導などと偽って胸や尻などを触るわいせつ行為を繰り返していたということです。

被害にあった児童の1人が、先月9日に別の女子児童が個別に呼び出されたのを不審に思って声をかけ、地域の学校関係者に相談したことで、こうした行為が明らかになったということです。

県教育委員会の調査に対して教諭は「性的な興味があり、子どもの体に触りたいと思ってしまった」などと話しているということです。

また県教育委員会は、長崎市内の中学校の40歳の教諭について、生徒の保護者にかけた携帯電話が通話状態になっていることに気づかないまま、この生徒から受けていた友人関係のトラブルの相談を別の教諭と話し、保護者や生徒を失望させて生徒が転校する事態を招いたとして、戒告の処分にしました。

長崎県教育委員会は「学校現場で児童や生徒を被害者とする事案が発生したことは許されない。教職員の指導を徹底して不祥事の防止に努めたい」と話しています。
プロフィール

MarkTwelve

Author:MarkTwelve
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
検索フォーム
リンク
   
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR