FC2ブログ

虚偽説明で賠償命令

毎日新聞
2020年1月27日(月)20時06分

中1女子への暴行巡るアンケート、「ないと虚偽説明は違法」熊本・長洲町に賠償命令

 熊本県長洲町立中で2012年に男子生徒から授業中に暴力を受けて精神障害を負った当時1年の女子生徒(現在20代)の両親が、担任がクラスメートのアンケート用紙を廃棄したことなどは違法として、町に計330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、熊本地裁は27日、町に計11万円の賠償を命じた。アンケート結果などが記載されたメモについて、前教育長が生徒側に「ない」と虚偽の説明をしたのは違法と判断した。

 判決によると、女子生徒は12年2月の授業中に同級生の男子生徒から頭をたたかれるなどの暴行を受けて左足打撲などのけがをし、その後体調を崩して入退院を繰り返し、うつ状態や心的外傷後ストレス障害(PTSD)などと診断された。

 担任は直後に、クラスメート(約30人)に男子生徒から暴力を受けたことがあるかを問うアンケートを実施したが、まもなく廃棄。一方、担任や校長らがアンケート結果などを記載したメモが学校に保管してあり、メモにはクラスメートが受けた暴力の内容が具体的に記載してあった。

 生徒側は13年6月ごろからアンケートに関する文書の開示を再三求めたが学校側は応じなかった。生徒側は15年10月に町個人情報保護条例に基づきアンケートと関連文書の開示を求めたが、前教育長は「既にアンケート用紙は廃棄され、取りまとめた報告書もない」など虚偽の説明をし、メモを開示しなかった。

 小野寺優子裁判長は「事実に反する説明によって事件の状況や原因を探求するための情報を収集する利益を害された」と判断し、町に賠償を命じた。

 一方、判決は、メモの内容は両親が担任から受けていた口頭説明から大きく逸脱しておらず「利益が侵害された程度は大きいとは言いがたい」と判断。アンケートの廃棄は、記名方式だったことなどを理由に違法性は認められないとした。

 判決を受け、両親は「町教委や学校は『自分たちに都合の悪い証拠は隠したり廃棄したりすればいい』という考えが間違っていることを自覚してほしい」とコメント。町教委は取材に「判決内容を検討中なのでコメントできない」と答えた。

 熊本県長洲町立中の1年だった女子生徒は2012年2月、授業中に突然、男子生徒に後ろから左耳付近をたたかれるなどの暴行を受けた。女子生徒はかけていた眼鏡が飛び、うずくまって動けなくなった。その後はショックで入退院を繰り返し、自傷行為をしたり「死にたい」と口にしたりすることもあった。8年たった今も心の傷は癒えていない。

 女子生徒は以前にも男子生徒からすれ違いざまに制服の中に手を入れられたことがあった。こうした経緯も踏まえ、両親は「他の生徒も暴力を受けていたのではないか。学校がきちんと対応していれば防げたのではないか」と考えた。

 「真相を知りたい」と願った両親は、何度も学校にアンケート結果の開示を求めた。判決によると、校長は両親に説明するためのメモも作成していたが、両親が弁護士に相談していることを理由に町教委がメモを渡さないよう校長に伝えていた。女子生徒側の情報公開請求に対しても前教育長はメモの存在を認識しながら「ない」と虚偽の説明をした。

 学校で事件や事故が発生した時、クラスメートらへのアンケートは事実解明のために不可欠な証拠となる。児童生徒の自殺について争われた別の複数の訴訟でも学校側によるアンケート廃棄や、結果説明の不十分さを「調査報告義務違反」と判断し、自治体側に賠償を命じる判決が出ている。

 今回の判決について両親の代理人の遠矢洋平弁護士は「アンケート廃棄を違法と判断しなかったのは問題だが、存在する証拠を隠したりうそをついたりしてはいけないと示した点は評価できる」と話した。
スポンサーサイト



体罰でけが、中学教諭を減給処分 熊本市教委

熊本日日新聞
2019年11月30日(土)11時30分

体罰でけが、中学教諭を減給処分 熊本市教委

 熊本市教委は29日、体罰で生徒にけがを負わせたとして、市立中学の40代の男性教諭を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。処分は同日付。

 同市では、この件に加え、市立千原台高の複数の部活で監督やコーチによる体罰が表面化。現在、負傷を伴わない体罰は懲戒処分の対象になっていないため、市教委は処分指針の厳格化を検討する。

 市教委によると、教諭はバドミントン部の顧問。9月8日に市内の体育館であった新人戦で、1年男子部員の試合後の態度が悪いとして注意する際、生徒の頭部を強く押したため、生徒がよろめいて壁に側頭部をぶつけ、眼鏡で右眉を切って7針縫うけが(全治8日間)を負わせた。

 教諭は「頭に血が上ってやってしまった」と謝罪しているが、部の顧問を続け、指導している。

 市教委が体罰で教員を懲戒処分するのは、2012年4月に政令市に移行後、初めて。教諭は市教委の聴取に、十数年前にも別の町の中学で体罰により町教委から口頭で注意を受けた、と話しているという。



体 罰

熊本県民テレビ
2019年11月07日(木)12時28分

千原台高校陸上競技部で体罰

熊本市立千原台高校の男子陸上競技部の監督をつとめる男性教諭が複数の部員に体罰を繰り返していたことが分かった。熊本市教育委員会によると今年4月以降、男子陸上部の監督の男性教諭(37)が部活の指導中、複数の部員に対し頬を殴るなどの体罰を繰り返していたという。10月中旬、熊本市教育委員会に匿名の通報が寄せられ発覚した。熊本市教育委員会は男子陸上部の監督と全部員の聞き取りを終え、体罰があったと判断した。男性教諭は実績を上げたい、記録を伸ばしてあげたいと思っていたという内容の話をしているという。学校は事実関係が分かり次第保護者説明会を開くとしている。

パワハラでうつ病、退職 熊本県南の県立支援学校講師

熊本日日新聞
2019年11月3日(日)08時00分

パワハラでうつ病、退職 熊本県南の県立支援学校講師

 熊本県南の県立特別支援学校に勤務していた30代男性講師が、40代女性教諭によるパワーハラスメントが原因とみられるうつ病で入院し、その後退職していたことが2日、分かった。同校の校長も「パワハラに当たる行為があった」と認めている。

 男性講師は2017年4月に赴任。男性や複数の学校関係者によると、同じクラスを担当する女性教諭は、男性に「自分より早く退勤するな」「学校を休むな」などと命じ、自分の授業をたびたび押しつけたという。

 男性は同10月ごろからめまいや頭痛、血便などの体調不良を訴えるようになり、19年1月にうつ病と診断された。自宅で自殺を図り、1週間入院。その後2カ月間休んだ。学校側は4月に女性教諭を配置転換したが、男性は回復せず、8月に退職した。

 校長と県教育委員会の聞き取りに対し、女性教諭は男性講師に対する発言の一部は認めたが、「パワハラ行為ではない」と話しているという。

男子生徒に暴行や暴言

熊本日日新聞
2019年10月23日(水)08時00分

男性講師が生徒に暴力、暴言 熊本県立の特別支援学校

 熊本県立の特別支援学校で、担任の男性講師が、男子生徒を殴ったり、暴言を言ったりする行為を繰り返していたことが22日、分かった。同校は「不適切な指導」として、生徒と保護者に謝罪。23日に保護者説明会を開く。

 男子生徒の母親によると、男性講師は6~10月に教室内で、生徒の下腹部をつかんだり、腹をたたいたりしたほか、「くさい」などの暴言を浴びせていたという。

 10月上旬、別の担任から「生徒が言うことを聞かなかったため、講師が下腹部をつかみ、泣かせてしまった」と、母親に電話で連絡があり発覚。同校が聞き取りなどで調査した結果、「不適切な指導や関わり」を複数回確認したという。

 講師は生徒側に謝罪し、通勤を控えているという。同校教頭は「許されない行為。県教委との相談の上、保護者や子どもに寄り添いながら対応する」としている。

 母親は「教師として考えられない行為で、なぜ起きたのかしっかり調べてほしい。今後、こういうことを起こしてほしくない」と話している。
プロフィール

MarkTwelve

Author:MarkTwelve
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
検索フォーム
リンク
   
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR