FC2ブログ

高校教諭 剣道部員にマッサージ強要

熊本放送
2020年8月27日(木)12時15分

県南の県立高校教諭 剣道部員にマッサージ強要

県南の県立高校で剣道部の監督を務める男性教諭が合宿所で男子部員に日常的にマッサージをさせていただことが分かりました。

県教育委員会によりますと、県立高校で剣道部の監督を務める50代の男性教諭は合宿所で一部の男子部員と生活をしていて夜間部員にマッサージをさせていたということです。
県教委は先月、学校から報告を受け調査した結果、日常的な長時間のマッサージが「体罰にあたると考えられる」と判断しています。

監督は現在、学校側の判断で剣道の指導からは外されているということです。

県教委は監督の行為が懲戒処分の対象になるか判断するためマッサージがどれくらいの期間続けられていたかなどさらに詳しい状況を確認しています。また併せて生徒の精神的なケアを行いたいとしています。

生徒無理やり立たせあざ 不登校、PTSDに 熊本・特別支援学校の女性教諭懲戒

毎日新聞
2020年7月7日(火)20時32分

生徒無理やり立たせあざ 不登校、PTSDに 熊本・特別支援学校の女性教諭懲戒

 熊本県教育委員会は7日、県立特別支援学校の女性教諭(37)が生徒1人を強い言葉で指導し、無理やり立たせた際に腕にあざを作ったなどとして、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。生徒は不登校になり、指導が原因で心的外傷後ストレス障害(PTSD)などになったと診断され、現在も入院している。

 県教委によると、生徒は中等部以上に在籍。教諭は2018年4~11月、着替えや掃除中に座り込んだり横になったりした生徒に、「立たんね」などと強い口調で言い、無理に体を抱き上げて立たせるなどした。同12月にはマラソン大会の練習で走ろうとしない生徒に「走らんね」と何度も強く言い、体を引き上げ、背中を押して走らせた。生徒が嫌がったため保護者が体育の授業を見学させるよう申し入れても、教諭は無理に参加させた。同20日には、生徒の右脇腹と右腕に無理に立たされた際にできたとみられる青あざが見つかった。

 教諭は19年2月26日にも、生徒を無理に体育館などに連れて行き、学校行事のリハーサルに参加させるなどした。生徒は別の教諭に「先生がたたいた」などと伝え、家族にも「グーで殴られた。嫌だった」と言った。

 生徒は次第に登校をしぶり、同3月4日から不登校に。従来は自力でできた食事や着替えにも介助が必要になり、19年11月から入院している。

 県教委によると、教諭は生徒を立たせた際に体にあざができたことは認めたが、殴るなどの体罰を加えたことは否定したという。古閑陽一教育長は「不適切な指導により被害を受けた生徒、保護者に深くおわびする」とのコメントを出した。

生徒800人分の個人情報を紛失

熊本放送
2020年04月09日(木)20時25分

生徒800人分の個人情報を紛失 県立高の男性教諭

県教育委員会は県立高校の男性教諭が、生徒およそ800人分の個人情報を保存したUSBメモリーを紛失したとして謝罪しました。

USBメモリーを紛失したのは県北にある県立高校の30代の男性教諭です。

USBには3つの学校の生徒あわせて795人の個人情報が含まれていました。

教諭は県教委のガイドラインで禁止されているにもかかわらず、生徒の成績や通知表の所見などを私物のUSBに保存して持ち歩き、今年2月紛失に気付きました。

県教委の聞き取りに、「家族の事情もあり持ち帰って仕事をしていた」と話しているということです。

これまでに被害の情報はないとしています。

県教委は今後、全ての教職員に個人のUSBを使っていないかなどアンケート調査をすることにしています。

県教委 飲酒の教諭など2人を処分

熊本放送
2020年03月11日(水)18時44分

県教委 飲酒の教諭など2人を処分

県の教育委員会は小学校教諭と特別支援学校の臨時指導員の懲戒処分を発表しました。

停職6か月の懲戒処分を受けたのは荒尾市の小学校に勤める45歳の男性教諭です。
県教委によりますと男性教諭は去年11月、正午ごろから山鹿市の焼き肉店でビールをジョッキ3杯飲んだ後自家用車を運転したということです。

男性教諭は警察に摘発され、2年間の運転免許取り消し処分と罰金30万円の略式命令を受けました。

また、県内の特別支援学校に勤務していた46歳の臨時指導員が生徒の入浴を介助する際、不適切な行為をしていたため停職3か月相当の懲戒処分を受けました。

教諭が中2男子に平手打ち 熊本、威嚇含め約35分間

産経新聞
2020年2月20日(木)20時51分

教諭が中2男子に平手打ち 熊本、威嚇含め約35分間

 熊本市教育委員会は20日、市立中の男性教諭(57)が音楽の授業中、2年の男子生徒に対し、約35分間にわたり平手打ちなどの体罰を加えたり威嚇したりしたと発表した。板書をノートに書き写さないことに腹を立てたためで、生徒にけがはなかった。教諭は自宅謹慎しており、市教委は処分を検討中。

 市教委によると、教諭は今月3日、廊下や別室に連れ出し頭を平手打ちし脚を蹴ったほか、正座させ「ふざけんなよ。俺がおまえに何かしたか」などと言った。教諭は別の中学でも体罰で2回処分を受けていた。

 生徒は「先生に会いたくない」と欠席を続けていたが、教諭が自宅謹慎した後の12日に登校を再開した。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク