FC2ブログ

飲酒運転 教員を懲戒免 同乗の講師も 茨城県教委

茨城新聞
2020年9月26日(土)

飲酒運転 教員を懲戒免 同乗の講師も 茨城県教委

道交法違反(酒気帯び運転)で摘発されたなどとして、茨城県教委は25日、飲酒運転したつくばみらい市立小絹小の男性教諭(23)と、その車に同乗した水戸市立笠原小の任期付き男性常勤講師(23)の教員2人を、それぞれ懲戒免職処分にしたと発表した。同日付。

県教委によると、2人は7月10日、教諭の車で、友人と共に土浦市内の居酒屋に向かい、午後10時20分ごろから教諭が生ビール1杯と酎ハイ2杯、講師は生ビール1杯とサワー2杯を飲んだ。講師の運転でつくば市内の2軒目の居酒屋に向かい、講師がサワー1杯を飲酒した。友人は1軒目で飲み終えた直後から車内で寝込み、その後、徒歩で自宅に戻った。翌11日午前4時28分ごろ、教諭の運転で友人宅に向かおうと車を約800メートル走らせ、県警交通機動隊に停車を求められた。

教諭は道交法違反(酒気帯び運転)容疑、講師は同法違反(酒気帯び運転同乗)容疑で摘発され、既に書類送検されたという。

友人は県内公立学校の教諭で、県教委が今月中に文書訓告する予定。

県教委義務教育課は「あってはならない不祥事。深くおわび申し上げる」と陳謝した。本年度の教職員の懲戒処分は先月、飲酒運転に関連して県立高の教員2人が停職12カ月となって以来。

部顧問らボール当てさせ生徒けが 茨城県立高、県教委が懲戒処分

東京新聞
2019年12月25日(水)19時13分

部顧問らボール当てさせ生徒けが 茨城県立高、県教委が懲戒処分

 茨城県教育委員会は25日、県立高の体育館でハンドボール部の活動中、はだしで縄跳びしていた生徒に向けてボールを投げさせ、ボールが当たった生徒に全治2週間のけがを負わせたとして、顧問の男性教諭(41)を停職1カ月、副顧問の男性講師(35)を減給10分の1(2カ月)の懲戒処分にした。

 県教委によると、教諭は9日午後、体育館シューズを忘れ、自主的にはだしで縄跳びをしていた2年男子生徒(17)をコート中央に移動させ、講師と部員6人にボールを投げて邪魔をするよう指示し、自らもボールを投げた。

 生徒は頬や太ももの打撲のほか、足の裏の皮が剥がれるけがを負った。

女子部員にセクハラや体罰

茨城新聞
2019年10月31日(金)

鹿行の県立高、女子ハンドボール部 強豪校でセクハラ・体罰か 訓告処分の教諭一部否定

強豪として知られる鹿行地域の県立高校女子ハンドボール部で、監督を務める30代男性教諭が女子部員に対し、セクハラや体罰と取られかねない行為をしていたことが、31日までに関係者への取材で分かった。県教育委員会は不適切な指導があったとして既に男性教諭を訓告処分にしている。茨城新聞の取材に対し、男性教諭は行為の一部を認める一方、セクハラや体罰の意図はなかったと否定。事態を重く受け止め、茨城国体では少年女子コーチ就任を辞退したという。

関係者によると、セクハラはいずれも部活動中に行われ、最低でも数人の部員に対して体への接触を繰り返した。中でも、試合後のハグ(抱き締める行為)に嫌悪感を持つ部員がいたという。特定の部員には、頭をなでるように髪を触るといった行為もあり、複数の部員が目撃していた。

体罰は1人の部員に対し「土下座しろ」と強要したり、ストレッチであおむけになっている状態のところに水筒の水をかけたりした。部員らに「体罰だと親に言うなよ」「訴えたとしても俺はいい弁護士を付ける」「俺のことを好きという人には優しくする」などと発言していた。

茨城新聞の取材に対し、男性教諭はセクハラ行為について「特定の人に触れるというのは事実と異なる。試合後のハグはあったが、セクハラの意図は全くない。頭はなでておらず(しっかりやるんだぞという意味で)ぽんとたたくことはあった」と弁解した。

体罰に関しては「土下座ではなく正座をさせた。水をかけたのは事実で、信頼関係があってジョークでやった」と、行為の一部を認めた。「好きという人には優しくする」といった発言はいずれも事実とし、「本気で言っていない。雰囲気づくりだった」などと釈明した。

こうした行為は、一部の保護者からの訴えなどにより5月に明るみになり、男性教諭と校長が保護者らに謝罪した。学校側は部員にアンケートを行い、事実関係を調べたという。

男性教諭は「重く受け止めている。傷ついた選手や保護者がいるのは間違いない」と反省の言葉を口にし、監督を辞任するかどうかについては「少し悩んでいる」と話した。

2016年度、男性教諭は同高に赴任。18年度、女子ハンドボール部を20年ぶりの全国高校総体と8年ぶりの全国高校選抜大会出場に導いている。

教え子に繰り返しキス 県立高教諭をクビ

サンスポ
2019年7月25日(木)18時28分

教え子にキス40~50回、茨城の県立高教諭懲戒免職

 教え子にキスを40~50回するなどわいせつな行為をしたとして、茨城県教育委員会は25日、県立高の男性教諭(22)を懲戒免職処分とした。教諭は「いけないと分かっていたのにしてしまった。大変申し訳ない」と話しているという。

 県教委によると、男性教諭は6月11日から複数回、自宅で教え子の女子生徒にキスしたり、体を触ったりした。2人の仲の良さを不審に思った別の女子生徒が同月26日、学校側に相談していた。

 教諭と女子生徒は交際していたといい、女子生徒は教諭の自宅に2回宿泊したこともあった。

教え子のスカート内盗撮 茨城県立高教諭免職

産経新聞
2019年5月25日(土)07時02分

教え子のスカート内盗撮 茨城県立高教諭免職

 教え子の女子生徒のスカート内を盗撮したとして、県教育委員会は24日、県立高校の男性教諭(52)を同日付で懲戒免職にしたと発表した。

 県教委によると、男性教諭は4月11日午後1時半ごろ、勤務する高校の通用門付近で桜などを撮影していた同校の女子生徒4人に声をかけられ、会話を交わした後、背後から女子生徒1人のスカート内をスマートフォンで1分ほど動画撮影をしたという。

 その場にいた他の生徒が盗撮に気づき、養護教諭に相談。校長が当日中に本人に確認したところ盗撮の事実を認めた。男性教諭は昨年度、4人に理科を教えており「衝動的にやってしまった。大変申し訳ない」などと話しているという。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク