FC2ブログ

女子生徒のスカート盗撮やわいせつ行為 中学教諭2人を懲戒免職

毎日新聞
2019年12月23日(月)21時35分

女子生徒のスカート盗撮やわいせつ行為 中学教諭2人を懲戒免職 大分

 大分県教委は23日、女子生徒のスカートの中を盗撮したとして県内の公立中学校に勤務する50代の男性教諭を、女子生徒にわいせつ行為をしたとして同じ中学の20代の男性教諭をそれぞれ懲戒免職処分とした。2人とも盗撮行為やわいせつ行為を認めているという。

 県教委によると、50代の男性教諭は11月13日の授業中、先端が開いたスリッパと足の裏の間にスマートフォンを隠し、教室に立っている女子生徒の後ろからスカートの中を盗撮したとしている。翌14日に女子生徒から報告を受けた保護者が学校に確認を求めて発覚した。教諭は数年にわたり複数回同様の行為をしたことを認め、11月中旬に県警から事情聴取を受けたという。

 20代の男性教諭は、9月下旬からSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じて自校の女子生徒とやりとりを始め、10月に校外で複数回わいせつ行為をしたとしている。11月上旬に第三者から情報提供があり、学校が教諭に確認して発覚した。県教委は児童生徒とのSNSでのやりとりを禁止しているが、教諭は「SNSでやりとりをするうちに親密になった」と話しているという。

 県内では7月、県立高校の30代の男性教諭が女子生徒にみだらな行為をしたとして懲戒免職処分になった。県教委はその後、県内の全公立学校でスクール・セクハラに関する研修をしていた。法華津敏郎教育次長は「研修が浸透していないと重く受け止めており、綱紀粛正を図りたい」と話した。
スポンサーサイト



体罰

読売
2019年11月21日(木)11時38分

「声が小さい」小学女児にグラウンド走らせ、頭たたく…監督を公式戦出場禁止

 強い指導を行ったなどとして、大分県小学生バレーボール連盟(県小連)が、同県日出町の小学生女子バレーボールチームの男性監督(50歳代)を9月から6か月間、公式試合への出場を禁じる厳重注意としたことがわかった。

 チームは地域のスポーツ少年団の一つで、複数の小学校の女子児童が所属し、全国大会に出場したこともある。監督は30年以上、指導しており、現在は町立小学校の教頭を務めている。

 関係者によると、監督は6月の練習中、「声が小さい」などとして女児3人に、グラウンドを走るように指示。このうち2人にやる気がみられなかったとして、頭を軽くたたいたという。

 日本小学生バレーボール連盟(東京)の外部通報窓口に7月、情報提供があり、県小連に調査を指示。県小連は10月6日付で「体罰ではない」とする調査報告書を提出した。一方、「パワハラとみられるような強い指導を行い、チームやほかの団体にも迷惑をかけた」として、監督を厳重注意にした。

 監督は「誠心誠意やってきたが、行き過ぎた指導ととられたのかもしれない」と話した。

      ◇

 日出町内のスポーツ少年団でつくる町スポーツ少年団は22日に役員会を開き、監督への対応を協議する。

続きを読む

暴力を繰り返す教師

大分放送
2019年7月9日(火)18時52分

臼杵市の中学校教諭 大分市でも暴行

臼杵市の中学校の男性教諭が、先月、生徒に暴行した問題でこの教諭は、去年春、大分市の中学校でも生徒に暴行を加え懲戒処分を受けていたことがわかりました。問題となっているのは臼杵市の公立中学校に勤務する60代の男性教諭です。臼杵市教委などによりますとこの男性教諭は、先月14日学校の教室で3年生の男子生徒を後ろから引き倒し、押さえつけて首を絞めたということです。また、県教委によりますとこの教諭は、去年4月、大分市の中学校で男子生徒の首を引っ張るなどの暴行を加えて失神させ、全治1週間のけがを追わせていました。教諭は、傷害の罪で大分簡易裁判所から罰金20万円の略式命令を受けました。県教委は、教諭を減給10分の1の懲戒処分にしましたが、本人が定年後の再任用を希望したため、継続雇用したということです。

続きを読む

大分大学教員2人を懲戒処分

大分放送
2019年3月26日(火)18時52分

大分大学教員2人を懲戒処分

大分大学の前学部長が出張旅費を二重請求するなどして6年間でおよそ110万円を不正に受け取っていた事が分かり停職10か月の懲戒処分を受けました。懲戒処分を受けたのは大分大学福祉健康科学部の前学部長、衣笠一茂教授です。衣笠教授は講演会に出張した際、主催者から旅費を受け取っていたにもかかわらず、大学にも旅費を求めるなど二重請求を繰り返し、去年11月までの6年間で30件およそ110万円を不正に受け取ったということです。衣笠教授は去年12月に学部長職を辞任し、「不徳の致すところ」と事実関係を認めていて、大学は衣笠教授を停職10か月の懲戒処分としました。また、医学部に務めていた男性教授が寄付金で購入した家具などを私的流用としたとして停職相当の処分としました。

小学校臨時講師が児童の答案をSNSに投稿

大分放送
2019年3月15日(金)21時41分

小学校臨時講師が児童の答案をSNSに投稿

宇佐市の小学校に勤める女性臨時講師が受け持ちの児童の宿題プリントの解答を自身のSNSに投稿していたことが分かり、市教委が謝罪しました。宇佐市教委によりますと投稿をしていたのは市内の公立小学校に勤める20代の女性臨時講師です。この女性臨時講師は今月8日と10日の2回にわたり受け持ちの児童の宿題プリントの一部を写真に撮り、自身のインスタグラムに投稿したということです。インスタグラムには写真とともに「面白い」などのコメントも記載されていて、市教委の聴き取りに対し女性臨時講師は「子どもの解答が素直で、かわいらしかったので投稿した」と話しているということです。
プロフィール

MarkTwelve

Author:MarkTwelve
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
検索フォーム
リンク
   
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR