FC2ブログ

歩行者はねる

岩手放送
2021年03月08日(月) 18時55分

小学校教諭を逮捕 横断歩道上で歩行者はねる/岩手・盛岡市

盛岡市の国道交差点で8日朝、横断歩道を渡っていた76歳の女性が乗用車にはねられ重傷を負いました。警察は乗用車を運転していた紫波町の小学校教諭の男を、過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

8日午前6時半すぎ、盛岡市上田の国道4号の交差点で、横断歩道を渡っていた近くに住む76歳の女性が左折してきた乗用車にはねられました。この事故で女性は胸を強く打ち、肋骨を骨折する重傷を負いました。警察は乗用車を運転していた、紫波町立星山小学校の教諭・音尾匡容疑者(53)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。現場は片側2車線の国道と市道が交わる交通量の多い交差点で事故当時、車側と歩行者側どちらの信号も青でした。音尾容疑者は出勤途中で、警察が事故の原因を調べています。

(紫波町教育委員会・侘美淳教育長)
「被害者様ならびにご家族の方々にご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます」

教諭の逮捕を受け、紫波町教育委員会が午後5時半から会見を開き、侘美淳教育長が謝罪しました。教育委員会は8日午後、臨時の校長会議を開き、町内14の小中学校の校長に対し、コンプライアンスの徹底を図り再発防止に努めるよう求めたということです。
スポンサーサイト



バレー部員自殺 教諭は他校でも暴言 両親ら、懲戒免職求める

毎日新聞
2020年12月27日(日)08時32分

バレー部員自殺 教諭は他校でも暴言 両親ら、懲戒免職求める

 岩手県立不来方高校でバレーボール部員(当時17歳)が自殺した問題で、部員に暴言を浴びせた当時40代の男性教諭が2008~09年に勤務していた別の高校でも生徒に暴言を吐いたとして、佐藤博県教育長は26日、生徒の両親に初めて謝罪した。両親らは教諭を懲戒免職処分にするよう求めた。

 生徒の父親(64)らが同日、記者会見を開き明らかにした。父親は「加害教諭に謝罪を求めたが、(県教育委員会に)『組織として対応したいので今回は控えさせてもらう』と言われた」と明かした。父親は「真相究明ができていないので、これでは謝罪とは言えない」と突き放した。

 謝罪には自殺した新谷翼さんの父聡さん(53)も同席。県教委側から教諭の処分について初めて意見を求められたという。懲戒免職を求めた聡さんは「(教諭は)いろいろな事象を起こして反省も謝罪もない。社会通念から逸脱している」と厳しく指摘した。

 県教委は、教員による体罰などの再発防止のため「岩手モデル」策定委員会を近く設置する方針。聡さんらは、策定委のメンバーに体罰被害の経験者を入れるよう求めたという。

〓関連記事〓
バレー部員自殺で顧問教諭を書類送検

教職員4人を懲戒処分

岩手放送
2020年12月21日(月)18時55分

県教育委員会、教職員4人を懲戒処分/岩手

岩手県教育委員会は21日、他人の財布を盗んだ県立高校の50代の男性教諭を停職処分とするなど、あわせて4人の教職員の懲戒処分を発表しました。

停職4か月の懲戒処分を受けたのは、中部教育事務所管内の県立高校に勤める50代の男性教諭です。男性教諭は今年9月、盛岡市内にあるスポーツ施設の更衣室で現金が入った他人の財布、およそ7万数千円分を盗みました。男性教諭はすでに依願退職を申し入れ、21日付けで受理されました。また、県北教育事務所管内の県立高校に勤める40代の男性教諭が、男子生徒に平手打ちをしてケガをさせたとして減給3か月の処分となりました。このほか、道路交通法違反などで2人の教職員が減給2か月と戒告処分を受けました。

歩行者をはねる 中学校教諭を現行犯逮捕

岩手放送
2020年12月04日(金)12時00分

乗用車にはねられ女性重傷 中学校教諭を逮捕/岩手・宮古市

3日夕方、岩手県宮古市の国道で、横断歩道を渡っていた女性が乗用車にはねられ、重傷を負う事故があり、乗用車を運転していた中学校の教諭が現行犯逮捕されました。

3日午後5時前、宮古市長町の国道106号で、信号機が無い横断歩道を渡っていた、近くに住む66歳の女性が左から来た乗用車にはねられました。この事故で女性は左足首の骨を折るなどの重傷を負いました。警察は乗用車を運転していた宮古市立花輪中学校の教諭で、宮古市西ケ丘の大堀武宏容疑者(57)を、過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕し、事故の原因を詳しく調べています。大堀容疑者は「事故を起こしたことは間違いない」と話しているということです。宮古市教育委員会の小林満学校教育課長は「被害者やご家族に心からおわびしたい。臨時校長会を開いた上で、教職員一人ひとりに指導する」と話しています。

生徒に不適切な言動 中学校男性教諭を懲戒処分/岩手

岩手放送
2020年11月16日(月)19時00分

生徒に不適切な言動 中学校男性教諭を懲戒処分/岩手

岩手県教育委員会は、生徒に対する不適切な言動があったとして、中学校の男性教諭を停職5か月の懲戒処分としました。

懲戒処分を受けたのは、盛岡教育事務所管内の中学校に勤務する男性教諭(57)です。男性教諭は2014年5月からおよそ1年3か月にわたって、顧問を務める陸上部の当時中学1年生の男子生徒に対し、理由もなく練習に参加させず、選手が乗る移動用のバスに一人だけ乗車させないなど、あわせて18回不適切な言動を繰り返し、男子生徒を退部に追い込みました。県教委によりますと男性教諭は「指示や指導を素直に聞いてもらえず、気に食わなかった」と理由を話していますが、今回の処分を受けて「生徒を傷つける行為で申し訳なかった」と反省しているということです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク