FC2ブログ

中学教頭ら3人「免職」 福島県教委、飲酒運転やセクハラなど

福島民友
2019年12月07日(土)08時45分

中学教頭ら3人「免職」 福島県教委、飲酒運転やセクハラなど

 県教委は6日、飲酒運転やセクハラ行為などをしたとして、昭和中の教頭(48)ら3人を免職とし、速度超過の違反に伴う減給を含め計4人を同日付で懲戒処分にした。同じ日に3人が免職となるのは初めて。

 県教委によると、平野教頭は10月1日夜に昭和村の住民方で飲酒後、約350メートル離れた自宅アパートに徒歩で帰宅しようとしたが、部屋の鍵を住民方に止めた車内に忘れ、戻ってそのまま車を運転した。9月27日には旅館で開かれた懇親会で参加者の女性の肩を抱いたり、キスをするなどのセクハラ行為をしたという。

 また、県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕、送検された梁川中の講師(29)と酒酔い運転の疑いで逮捕された橘高の教諭(58)も免職となった。

 29歳講師は1月中旬ごろ18歳未満と知りながら少女にみだらな行為をした疑いで11月に逮捕された。講師の任用期間は4月から1年間で、1月は処分対象にならないが、4~6月にかけて別の18歳未満の少女に対しても車内で手を握るなどの行為をしていたことが発覚。県教委はこれらの悪質性を考慮した。

 58歳教諭は11月3日午前0時5分ごろ、福島市の市道で酒に酔って乗用車を運転、民家の外壁などに衝突する事故を起こした。

 このほか、県中地区の中学校に勤務する男性教頭(53)は速度超過で減給3カ月。出張先から車で学校に戻る際、郡山市の市道を44キロ速度超過の94キロで走行し、警察官に摘発された。

 県教委の本年度の懲戒処分は14件で、うち免職が6件となった。

 県教委は9日、公立校服務倫理推進員の研修会を開き、県内全ての公立小、中学校、高校、特別支援学校に再発防止を呼び掛ける。
スポンサーサイト



県立高校教諭が飲酒運転で現行犯逮捕

日テレNEWS24
2019年11月03日(日)18時35分

県立高校教諭が飲酒運転で現行犯逮捕

酒に酔った状態で車を運転し事故を起こした疑いで県立高校の教諭の男が現行犯逮捕された。
道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは県立橘高校の教諭佐藤忠宏容疑者(58)。
佐藤容疑者は3日午前0時ごろ酒に酔った状態で車を運転し福島市内で民家の外壁などに衝突する事故を起こした疑い。
調べに対し佐藤容疑者は容疑を認めている。
県によると佐藤容疑者は2日、顧問として演劇部の大会に参加した後、他校の関係者との懇親会で酒を飲んでいた。
今年度に入り教職員の逮捕はこれで4件目。

2教諭「懲戒免職」...18歳未満と知りながら少女にみだらな行為

福島民友
2019年10月19日(土)08時35分

2教諭「懲戒免職」...18歳未満と知りながら少女にみだらな行為

 県教委は18日、18歳未満と知りながら少女にみだらな行為をしたとして、いずれも県青少年健全育成条例違反の罪で略式起訴された二本松三中の男性教諭(34)と、安積高の男性教諭(45)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 今回を含め本年度の懲戒処分は9件で、うち免職は3件となった。相次ぐ不祥事の発生を受け、県庁で記者会見した教育次長は管理職への指導の在り方を再検討する考えを強調した。県教委によると、34歳男性教諭は今年4月、福島市のホテルで少女にみだらな行為をした。45歳男性教諭は今年8月、東京都と郡山市のホテルで5回にわたって少女とみだらな行為をした。

男子児童に不適切発言

朝日新聞
2019年8月22日(木)08時56分

小学校教諭、児童に「馬鹿じゃないの」ノートの取り方で

 福島県教育委員会は21日、担任する学級の男子児童に侮蔑的な言動をしたとして、県中地域の公立小学校の女性教諭(48)を減給6カ月(10分の1)の懲戒処分にし、発表した。学校は学級の担任を交代させた。

 県教委によると、教諭は5月28日、担任の3年生の授業中、ノートを忘れていた男子児童に「これからも続けるんだよ、面白いから」などと高圧的な発言をした。また、その後の個別指導では、指導と違うノートの取り方を指摘し、「馬鹿じゃないの」などと言ったという。

 帰宅した児童から話を聞いた両親が学校に報告。児童は翌日から土日を含めて10日間、学校を休んだ。6月6日に校長が「不適切な指導があった」と両親に謝り、同10日には教諭が児童と両親に謝罪した。

 学校の聞き取りに対し、教諭は「児童を傷つけてしまい申し訳ない。指導がうまくいかず、いらだちもあって言ってしまった。深く反省している」と話しているという。

高校生にみだらな行為か教諭逮捕

NHK NEWS WEB
2019年07月11日(木)21時09分

高校生にみだらな行為か教諭逮捕

公立中学校の教諭がSNSで知り合った高校生1年生の女子生徒とみだらな行為をしたとして、県の青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されました。

 逮捕されたのは、福島市松川町の二本松第三中学校の教諭、尾形泰裕容疑者(34)です。
 尾形教諭はことし4月中旬ごろ、福島市内のホテルで、県北地方に住む高校1年生の女子生徒と、相手が18歳に満たないと知りながらみだらな行為をした県の青少年健全育成条例違反の疑いが持たれています。
 警察によりますと、尾形教諭は女子生徒とSNSで知り合い、複数回やりとりをしていたということです。
 今月上旬、尾形教諭の弁護士から警察に連絡があって事件が明らかになり、11日、弁護士とともに警察署に出向いてきたため、午後、逮捕しました。
 尾形教諭は調べに対し容疑を認め、「SNSは生徒指導の一環としてやり始めた」と供述しているということです。

 県教育庁などによりますと、逮捕された尾形教諭は、二本松市の二本松第三中学校で特別支援学級の担任と理科指導を担当していましたが、今週に入って退職願が出されているということです。
 県義務教育課は「これから事実関係を把握して、適正に対処したい」とコメントしています。
 県内では先月、盗撮を目的に山形市のアパートの通路に侵入した住居侵入の疑いで30代の職員が逮捕されるなど、県職員や教職員の不祥事が相次いでいて、逮捕されたのは今年度に入って4人目です。

 二本松市教育委員会の丹野学教育長は、「誠に遺憾であり、大変申し訳なく思っています。今後、市内臨時校長会議を開催し、再発防止に努めて参ります」とコメントし、12日、二本松市役所で記者会見を開き、事件のいきさつなどを説明することにしています。
プロフィール

MarkTwelve

Author:MarkTwelve
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
検索フォーム
リンク
   
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR