FC2ブログ

盗撮目的で高校に侵入

長野放送
2020年12月6日(日) 12時43分

「盗撮目的だった」と話す 高校の校舎に侵入した疑いで小学校の教師を逮捕


5日午後、長野県上田市の高校の校舎に侵入した疑いで、市内の小学校教師の男が逮捕されました。「盗撮が目的だった」と話しているということです。

建造物侵入の疑いで上田警察署に逮捕されたのは、上田市の小学校教師・金井基樹容疑者23歳です。警察によりますと5日午後2時過ぎ、上田市内の高校から「校内に不審な男がいる」と通報がありました。駆け付けた警察官が、高校の関係者と一緒にいた容疑者から事情を聴いたところ、「盗撮目的で侵入した」と認め、その場で逮捕しました。警察で動機などを詳しく調べることにしています。

勤務先の上田市内の小学校によりますと、金井容疑者はこの春に赴任し、クラス担任もしていたということです。取材に対し上田市教育委員会は「現時点で発表することはありません」としています。
スポンサーサイト



飲酒運転の高校教諭を懲戒免職処分・長野県教委

信越放送
2020年11月13日(金)20時40分

飲酒運転の高校教諭を懲戒免職処分・長野県教委

飲酒運転で事故を起こした佐久市の高校に勤務していた男性教諭が懲戒免職処分を受けました。
きょう付けで懲戒免職となったのは佐久市の野沢北高校に勤務していた松下良徳教諭51歳です。

県教委によりますと、松下教諭は今年8月、帰省先の松川町の実家で缶酎ハイやビールなどを飲みましたが、親族と言い争いになったことから、車を運転して上田市にある自宅に帰ろうとしたということです。

その後、松下教諭は長和町の国道で縁石に乗り上げる事故を起こし、駆けつけた警察官が呼気検査を行ったところ、アルコールを検出。

酒気帯び運転で検挙され、先月22日に罰金40万円の略式命令を受けていました。

一方、県教委はきょうの定例会で、新型コロナへの感染や、濃厚接触者として特定されたことを理由に高校入試の「学力検査」が受けられなかった生徒を対象に、来年3月23日に改めて試験を行うとしました。

万引きで懲戒処分

NHK NEWS WEB
2020年10月19日(月)18時10分

失職元教諭 以前処分研修見直し

今月1日に有罪判決が確定し、失職した中学校の元教員が、3年前にも別の犯罪行為で懲戒処分を受けていたことから、県教育委員会は、懲戒処分を受けた教員に行う再発防止の研修について内容を見直すことになりました。

県教育委員会によりますと、18歳に満たない少女にみだらな行為をさせたなどとして有罪判決が確定し、失職した松本市の中学校に勤務していた44歳の男の元教員は、3年前にも別の犯罪行為で停職2か月の懲戒処分を受け、県教育委員会が実施する再発防止の研修を受けていました。
それにもかかわらず元教員が再び犯罪行為を犯したことから、県教育委員会は、研修の内容について見直しを進め、19日の県教育委員会の定例会で新たな研修制度について発表しました。
それによりますと新たな制度では、対象者の心理的傾向を把握する必要があるとして、最初に臨床心理士などによるカウンセリングを受けさせます。
そのうえで、対象者に合った研修内容を検討し、面談や論文の提出などを通じて反省を深めてもらうということで、治療が必要だと認められる場合には、専門医への紹介も行っていくということです。
一方、県教育委員会は、東信地域の小学校に勤務する58歳の男性教員が、ことし7月に大型商業施設で食料品を万引きしたとして、停職6か月の懲戒処分にしたことを明らかにしました。
教育委員会の聞き取りに対し、男性教員は、過去にも3回食料品を盗んでいたことを認めているということです。
県教育委員会の原山隆一教育長は男性教員の懲戒処分について「信頼回復に努めている最中に誠に遺憾で、関係者の皆様におわびします」と話しています。

児童買春の中学校講師を懲戒免職

NHK NEWS WEB
2020年03月24日(火)20時24分

児童買春の中学校講師を懲戒免職

朝日村の中学校の31歳の男性講師が10代の少女に現金を渡してわいせつな行為をしたとして、24日付けで懲戒免職の処分を受けました。

懲戒免職の処分を受けたのは朝日村にある鉢盛中学校の幾田純平講師(31)です。
県教育委員会によりますと幾田講師は、去年9月松本市内の宿泊施設で、SNSで知り合った県内に住む10代の少女が18歳未満であることを知りながら現金1万円を渡してわいせつな行為をしたとして、去年10月、児童買春の疑いで逮捕されました。
その後、去年11月に児童買春の罪で罰金50万円の略式命令を受け、県教育委員会は、24日付けで講師を懲戒免職にしました。
県教育委員会の調査に対して「子どもたちを裏切り、申し訳ない」などと話しているということです。
県教育委員会によりますと今年度、県内の学校の教員がわいせつ行為で懲戒処分を受けるのはこれで3件目です。
会見した県教育委員会義務教育課の北村康彦課長は「県民の信頼を失墜させるあってはならないことだ。今後は再発防止にむけて綱紀粛正に一層取り組んでいく」と話しています。

衝突事故を起こして車を放置

信越放送
2020年03月21日(土)20時31分

運転中に信号機の柱に衝突…車残し立ち去った中学校教諭を逮捕 長野・松本市

 松本市の中学校の教諭が、軽自動車で事故を起こしたまま現場を立ち去ったなどとして、警察に逮捕されました。

 道路交通法違反の疑いで逮捕されたのは、松本市の明善中学校教諭の小澤健治容疑者43歳です。

 警察の調べによりますと、小澤容疑者はきのう未明、松本市美須々の市道の交差点で、軽自動車を信号機の柱に衝突させる事故を起こしましたが、周辺の危険を防ぐ措置を取らず、車を放置してそのまま立ち去った疑いが持たれています。

 事故が起きているという通報を受けた警察官が辺りを探したところ、倒れている小澤容疑者を見つけ、事情を聴くなどしてきょう夕方逮捕しました。

 警察は、小澤容疑者が容疑を認めているかどうかは明らかにしていません。

 警察が、詳しい状況を調べています。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク