FC2ブログ

体罰常習で停職6カ月 和歌山市立小の教諭

紀伊民報
2020年02月08日(土)14時30分

体罰常習で停職6カ月 和歌山市立小の教諭

 和歌山県教育委員会は7日、昨年4月から12月まで、複数の児童に体罰を繰り返していたとして、和歌山市立新南小学校の男性教諭(46)を停職6カ月の懲戒処分にした。被害児童は、担任している6年生の学級(37人)の半数程度。みぞおちに両足で乗ったり、ほうきでたたいたりという体罰もあった。

 県教委によると、12月23日の授業中、指導に従わなかった男子児童(12)に近寄ったところ、床にあおむけに倒れたため、みぞおち付近に両足で乗ったり、腰や足を複数回蹴ったりした。その後、校門付近まで連れ出し「帰れ、明日も来るな」と言って帰した。けがはなかったが、早い帰宅を不審に思った両親が児童に聞いて発覚した。この児童はこれまでも、平手や拳で頭や体をたたく▽すねを何度も蹴る▽青あざができるほど二の腕を強くつねる―などの体罰を受け、教諭の爪が当たって出血したこともあったという。

 発覚後、学校が6年生の児童全員にアンケートし、校長や教頭が家庭訪問したところ、教諭は4月以降、複数の児童に対し、こめかみを両手の拳で押さえつけて強く回す、指を弾いておでこに強く当てる、ほうきの柄で足をたたくなど継続的に体罰していたことが分かった。

 体罰を繰り返した理由について教諭は「クラスをまとめたいという気持ちが強過ぎた」と話しているという。

 県教委は、長期間、事実を把握できず、体罰を防ぐなどの指導監督が不十分だったとして、校長(54)に対しても戒告の懲戒処分にした。

続きを読む

柔道部顧問が体罰

西日本新聞 
2020年1月28日(火)12時05分

強豪柔道部顧問が体罰で生徒殴打

 和歌山県有田市立箕島中の柔道部顧問の男性教諭(38)が、部員の中2男子生徒の顔面をプラスチック製バットで複数回殴打する体罰を加えていたことが28日、市教育委員会や同校への取材で分かった。教諭は今月下旬から部の指導を外れている。同部は全国大会に出場したことがある強豪。

 市教委などによると、15日の朝練で生徒を個別に武道場に呼び出し、プラスチック製バットで両頬などを複数回殴った。生徒は唇の下を切るけがをした。同日午前に教諭が校長に申告、生徒の保護者に電話で謝罪した。

 教諭は学校の聞き取りに「駄目だと分かっていたが手を上げてしまった」と話している。

盗撮目的で小学校の女子更衣室にカメラ設置

テレビ和歌山
2019年08月12日(月)20時00分

27歳教諭 隠しカメラ設置し逮捕

勤務する小学校の女子更衣室に時計型の小型カメラを設置したとして、御坊市の教諭の男が今日、県迷惑防止条例違反の疑いで警察に逮捕されました。逮捕されたのは、御坊市藤田町に住む印南町の小学校教諭、山本真照容疑者、27歳です。御坊警察署の調べによりますと、山本容疑者は今年7月1日頃、勤務する小学校の体育館にある女子児童が使用する更衣室に盗撮目的で置時計型カメラを設置した疑いが持たれています。置時計型カメラはデジタルタイプで、更衣室の棚の上に置かれていたということです。学校では、「隠しカメラが設置されていると聞いた」と警察に匿名で情報が寄せられたことから聞き取り調査を行ったところ、山本容疑者が置時計型カメラを置いたことを認めたということです。学校は警察に通報し、警察は今日、山本容疑者を県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕しました。山本容疑者は盗撮目的について否認している一方、「別のカメラで撮影した」とも供述していて、複数の女児が着替えている様子が映った動画が見つかっているということです。

男子生徒に不適切対応

読売
2019年07月25日(木)11時54分

トイレ訴える小3に担任「今行ったばかりやろ」

 和歌山市立の小中一貫校「伏虎義務教育学校」で、30歳代男性教諭が、担任をしていた当時小学校3年の男児に不適切な指導をしたとして、厳重注意を受けていたことが24日、市教委などへの取材で分かった。

 市教委などによると、昨年の1学期、男児が1時限の授業の間に複数回、トイレに行きたいと訴えた際、「今行ったばかりやろ」と行かせなかったことが何度かあった。男児の家族によると、男児は心因性頻尿などの診断を受けている。

 また、「親に見せる」と、男児の行動をデジタルカメラで複数回撮影したり、教室の前方で授業を受けさせようと男児の机を引っ張ったりなどしており、これらの行為が不適切だったとして今年5月20日、教育長が口頭で厳重注意とした。

 男性教諭は「誠に申し訳ない。学力をつけて成長してほしいと思っていた」と反省しているという。

 男児は昨年2学期以降学校に通えていなかったが、担任が代わった今年度からは登校を再開。ただ、今もカメラを向けられると逃げてしまうなど苦しんでいるという。

 市教委は「間違った行為で厳しく指導した。個々の児童に応じた配慮が必要だった」としている。

不祥事の根絶を 「非常事態」で研修会、白浜町教委

紀伊民報
2019年06月27日(木)16時20分

不祥事の根絶を 「非常事態」で研修会、白浜町教委

 和歌山県白浜町教育委員会は26日、同町阪田の白浜会館で、町内小中学校の教職員を対象に、不祥事の根絶に向けた研修会を開いた。昨年秋以降、問題が続いたため。町教委では、これを「非常事態」ととらえ、意識をより高めてもらおうと企画した。全13校の教職員約160人のほとんどが出席した。

 町内の学校に勤務する教職員を巡っては、昨年11月に男性教諭が飲酒運転で停職の懲戒処分を、今年5月には男性教頭が体罰で減給の懲戒処分をそれぞれ県教委から受けた。

 冒頭、山中雅巳教育長は「不祥事が起これば、子どもたちや保護者、地域の方々につらい思いをさせてしまう。防止に向け、より真剣に取り組んでもらいたい」と語った。

 町教委の成田寛実・教育指導係長は、各校が設けている「不祥事防止に関する校内委員会」の活動で研修を充実させてほしいと説明。「(不祥事を受けて)全教職員の言動が注目されている。個人でなく全体で考えるべきこと。子どもたちのモデルとなれるよう、時にはお互いに注意し合える関係になってほしい」と求めた。

 講師を務めた県教委学校人事課の大樫浩史副課長は「最悪の事態を想定する」「慎重に」「誠意を持って」などとする危機管理の考え方を話した。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク