FC2ブログ

新入生の書類を誤廃棄、個人情報122人分 鳥栖西中・前校長

佐賀新聞LIVE
2019年4月13日(土)9時20分

新入生の書類を誤廃棄、個人情報122人分 鳥栖西中・前校長

 佐賀県鳥栖市教育委員会は12日、鳥栖西中の前の男性校長(58)が新入生122人分の名前、成績など個人情報が書かれた書類を誤って焼却処分したと発表した。校長室にある金庫に保管していた文書を年度末に整理した際、十分に確認をしないまま三養基郡みやき町のごみ焼却施設で焼却した。

 11日の入学式後に保護者に説明し、謝罪した。市教委は「焼却施設で処分したことを確認した。個人情報が外部に漏れる恐れはない」としている。

 廃棄したのは旭小から進学した新入生118人と、県内外の4校から進学した4人の名前、生年月日、住所、教科別成績の写しや健康診断票など。市教委によると、主幹教諭が3月27日に旭小から届いた書類入り紙袋二つに、別の学校からの4人分も入れて金庫に保管したが、校長に伝えるのを忘れた。翌28日に前校長が金庫内を整理した際、紙袋の中身を十分に確認しないままごみに出し、その日のうちに焼却処分した。

 市教委は公文書をシュレッダーで処分するように指導しているが、処分方法も守られていなかった。前校長は「軽率な行動で多大な心配と迷惑をかけたことを心から反省している」と話している。

女児のスカート内盗撮で懲戒免職

佐賀新聞LIVE
2019年3月28日(木)9時47分

佐賀市内の50代教諭、教室で女児のスカート内を盗撮

 佐賀県教育委員会は27日、校舎内で複数の女子児童のスカート内を盗撮していたとして、佐賀市立小学校の50代男性教諭を懲戒免職処分にした。名前や学校名などは、被害女児の特定につながる可能性があるとして明らかにしていない。県警は県迷惑防止条例違反での立件を視野に入れ、捜査している。

 県教委によると、教諭は昨年5月ごろから今年3月にかけて複数回、私物のデジタルカメラを使い、複数の女子児童のスカートの中を意図的に撮影していた。教室で授業中に活動をする際、後ろから近づきローアングルで撮影するなどしていた。教諭はクラスの担任をしており、日ごろから学級通信で使う写真を撮っていたという。

 児童から相談を受けた保護者が警察に通報して発覚した。県教委の聴取に対し教諭は、画像データについて、自宅のハードディスクなどに保存しており、外部に流出はしていないと説明している。動機は明確に説明していない。退職手当は支給されない。

 佐賀市教委は27日付で校長を文書訓告とし、県教委は各市町教委の教育長と県立学校長に綱紀粛正の徹底を図るよう通知した。白水敏光県教育長は「教師という立場にある者がこのような行為に及ぶことは、絶対にあってはならない。県民の皆さまに心よりおわび申し上げます」というコメントを出した。

続きを読む

講師と教諭を停職処分 佐賀県教委

佐賀新聞LIVE
2018年8月24日(金)8時53分

飲酒運転の講師停職6カ月 県教委が処分
万引の助教諭は停職3カ月

 佐賀県教育委員会は23日、教員2人の懲戒処分を発表し、酒気帯び運転容疑で佐賀地検に書類送検された多久市の小中一貫校・東原庠舎中央校の講師(41)を停職6カ月、ドラッグストアで目薬を盗んだ疑いで唐津署に逮捕された唐津市立高峰中学校の養護助教諭(22)を停職3カ月とした。県教委は同日付で2人の退職願を受理した。

 県教委などによると、講師は7月14日午後10時10分ごろ、佐賀市駅前中央の県道上で、車を止めて寝ていたところを佐賀北署員が職務質問し、呼気1リットル中0・45ミリグラムのアルコールが検出。その後の調べで酒気帯び運転の容疑が固まり、今月21日、佐賀地検に書類送検された。助教諭は7月31日午後9時半ごろ、唐津市のドラッグストアで目薬1個(1420円相当)を盗んだ疑いで逮捕された。2人とも当時は酒を飲んだ状態で記憶があいまいだという。

 県教委の指針では、飲酒運転は原則免職としているが、講師の処分を停職6カ月とした理由について青木勝彦副教育長は「事故を起こしていないことや、過去の類似事案、日頃の勤務態度などを総合的に判断した」と説明した。

 白水敏光教育長は「職員一人一人に対する不祥事根絶の意識醸成を粘り強く図り、服務規律、高い倫理観の保持などについて徹底した指導を行っていきたい」とのコメントを出した。

教諭2人を懲戒処分 佐賀県教委

佐賀新聞LIVE
2017年11月20日(月)15時40分

女子児童6人にわいせつ行為、60代教諭を処分
佐賀県教委 男子生徒にケガさせた50代教諭は戒告

 佐賀県教委は20日、教え子の小学生女子児童6人の尻を触ったり抱きついたりするなどわいせつな行為をしたとして、県内の公立小に務める再任用の男性教諭(62)を懲戒免職処分に、中学生の男子生徒を蹴るなどして全治1週間の打撲を負わせたとして唐津市立中の男性教諭(52)を戒告とした。わいせつ事案については、児童の保護を目的に名前や勤務先などは公表していない。

女子学生に求婚メール70通 佐賀大准教授 停職6カ月

2016年10月04日(火)00時26分 西日本新聞

女子学生に求婚メール70通 佐賀大准教授 停職6カ月に

 佐賀大(宮崎耕治学長)は3日、20代の女子学生に求婚するメールを送り続けた上、両親を侮辱する発言をしたとして、教育学部の50代男性准教授を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は9月23日付。

 同大によると、男性准教授は2011年10月~12年3月、ゼミを受講していた女子学生に対して「結婚してくれ」などと恋愛感情を表すメール約70通を送信。12年2月には女子学生に宗教団体からの脱会を迫り「君の両親の結婚は犬や猫と同じ」と発言したという。

 男性准教授は06年にも卒業生の家族に対する傷害事件を起こし、停職6カ月の懲戒処分を受けていた。門出政則副学長は「教員によるハラスメントの防止策に努めていたにもかかわらず、このようなことが起き深く反省している。復帰後も授業を担当させるかは今後検討する」と話した。
プロフィール

MarkTwelve

Author:MarkTwelve
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 
検索フォーム
リンク
   
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR