FC2ブログ

男児にセクハラ

神奈川新聞.
2021年2月22日(月)17時38分

男児の胸もむ 横浜市立小の20代男性教諭を停職処分

 横浜市教育委員会は22日、男子児童にセクハラ行為をしたとして、市立小学校の20代の男性教諭を停職1カ月の懲戒処分にした。男性教諭は同日、依願退職した。

 市教委によると、男性教諭は2020年8~11月の授業中や休み時間に、教室や廊下で男児9人に対して、着衣の上からペン先で胸部をつつく、尻を手で触る、手で胸をもむなどのセクハラ行為をした。

 セクハラ行為を見た他の児童が養護教諭に相談し、発覚した。男性教諭は「じゃれ合うつもりでちょっかいを出した」と話しているという。

 市教委西部学校教育事務所の村岡靖所長は「児童の心を傷つけ、公務員としての信用を著しく傷つける行為で許しがたい。不祥事防止に向けて全力で取り組む」とコメントを出した。

スポンサーサイト



複数男児をペンでつつく セクハラで小学校教諭を停職処分

テレビ神奈川
2021年2月22日(月)

複数男児をペンでつつく セクハラで小学校教諭を停職処分

横浜市立小学校で去年、複数の男子児童に対し服の上から胸をペンでつつくなどのセクハラ行為をしたとして、市教育委員会は、20代の男性教諭を停職の懲戒処分にしました。

停職1カ月の懲戒処分になったのは、横浜市立小学校の20代の男性教諭です。 市教委によりますと、男性教諭は去年8月から11月までの間、授業中などに男子児童9人に対し、服の上からペンで胸をつついたり、胸や尻を触ったりするセクハラ行為を、計15回にわたり繰り返したということです。

市教委の聞き取りに対し男性教諭は、「じゃれあうつもりでちょっかいを出し、セクハラの意図はなかった。 大切なお子さんたちを傷つけ大変申し訳ない」と、話しているということで、22日付けで依願退職しています。 市教委の村岡靖西部学校教育事務所長は、「きわめて遺憾であり、大変申し訳なく思います。 市民の皆様の信頼を取り戻すべく、不祥事防止に向けて全力で取り組んでまいります」などとコメントしています。

教職員のわいせつ事案防止へ 神奈川県教委が初会議

テレビ神奈川
2021年2月2日(火)22時02分

教職員のわいせつ事案防止へ 神奈川県教委が初会議

神奈川県教育委員会は、後を絶たない教職員のわいせつ事案を根絶しようと、有識者による対策会議を初めて開催しました。

県教委によりますと、教職員の懲戒処分は近年減少傾向にあるものの、わいせつ事案に限ると年間5人から8人と高止まりしていて、去年には伊勢原市立小学校の当時の教頭が、電車内で女子中学生に体液をかけたなどとして、逮捕される事件も発生しています。 特に、勤務態度に問題がみられない教職員が重大な行為に及ぶケースが多いということで、2日からの会議では、精神科医や臨床心理士などの有識者によって、原因の分析や実効性のある対策を検討する方針です。 有識者からは、学校内と、それ以外の事案に分けて検証することが提案され、校内で問題が起きやすいケースの対策としては、生徒から相談を受ける際は、第3者のカウンセラーを交えるといった意見が出されました。 会議は今年度中にあと2回開かれ、最終的に提言される内容が来年度の学校での対策に盛り込まれる予定です。

落書きで現行犯逮捕

TBS
2021年1月31日(日)16時35分

秦野市中学校教員がガードレールに落書きで現行犯逮捕

 神奈川・平塚市で31日朝、ガードレールに落書きをしたとして、秦野市内の公立中学校に勤める教員の男が現行犯逮捕されました。

 現行犯逮捕されたのは、秦野市内の公立中学校の教員・山口勝久容疑者(61)で、31日午前5時半ごろ、平塚市内のガードレールに油性ペンで落書きをした疑いがもたれています。

 市内では、今年に入ってからガードレールや標識などに落書きされる同様の事件が相次いでいて、警察が周辺を警戒していたところ、山口容疑者が犯行に及んだということです。山口容疑者は「落書きをしたことは間違いありません」と容疑を認めていて、警察は余罪があるとみて調べています。

 教員の逮捕を受けて、神奈川県教育委員会は「今後の捜査状況を踏まえ、事実を確認したうえで厳正に対処してまいります」とコメントしています。

続きを読む

授業中に女子生徒盗撮

神奈川新聞.
2021年1月28日(木) 19時52分

授業中にスカート内盗撮、男性教諭を懲戒免職 県教委

 県教育委員会は28日、授業中に女子生徒のスカート内を盗撮したとして、県立高校の男性教諭(43)=臨時的任用職員=を懲戒免職処分にした。監督責任として校長を戒告処分とした。

 県教委によると、男性教諭は昨年11月、勤務校で授業中、動画撮影モードにしたスマートフォンを女子生徒の背後からスカート内に差し向け、下着などを盗撮した。女子生徒が被害に気付き、保護者とともに同校や警察に相談。教諭は同12月、県迷惑行為防止条例違反の疑いで県警に書類送検され、今月、裁判所から罰金30万円の略式命令を受けた。

 県教委の聴取に対し「やってはいけないと思っていたが、つい撮影してしまった。被害者の人生を傷付けることになり大変申し訳ない」などと語り、他にも商業施設などで同様の行為をしたことを認めた。女子生徒はショックを受けて登校できない状況が続いているという。


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク