FC2ブログ

教師から「指導する価値ない」 看護学生らパワハラ訴え

朝日新聞
2021年4月6日(火)21時08分

教師から「指導する価値ない」 看護学生らパワハラ訴え

 北海道江差町の道立江差高等看護学院(伊東則彦学院長)で、学生たちが「複数の教師によるパワーハラスメントで留年や休学、退学に追い込まれた」などと訴えている。保護者らは「父母の会」を結成し、学院を所管する北海道に実態解明と対応策を求めている。道は7日、在校生や保護者を対象に説明会を開く予定だ。

 学生や卒業生らによると、教師らのパワハラ行為は少なくとも10年ほど前から行われてきた。道立の専修学校で、修業年数は3年間だが、多くの学生が留年や休学、退学を余儀なくされているという。

 学生たちは「病院での実習で単位をもらえず、どこが悪かったのか改善点を尋ねても指導してもらえなかった」「リポートや反省文の書き直しを執拗(しつよう)に指示され、提出期限切れとして留年させられた」「看護師になることを夢見てがんばっているのに、強圧的な態度で休学を勧められた」などと証言している。

 また、教師たちから「あなたは指導する価値がない」「バカじゃないの」「顔もみたくない」などと面罵された学生も少なくないという。

 2年前には、留年して、その後自宅アパートで自殺した男子学生もいたという。同級生や保護者らは「教師は厳しく叱責(しっせき)するばかりで、悩みに傾聴するなど親身なフォローがなかった。そうした対応が男子学生を追い詰めたのではないか」として、自殺に至った経緯を明らかにするよう学院側に求めている。
スポンサーサイト



小学校教師が14歳の少女に“わいせつ”

北海道テレビ
2021年04月02日(金)21時33分

小学校教師が14歳の少女に“わいせつ”

 14歳の少女にいかがわしい行為をした疑いで小学校の教諭が逮捕されました。
 北海道青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されたのは標津小学校の教諭・川瀬康司容疑者29歳です。
 川瀬容疑者は去年11月、釧路市内のホテルで当時中学生の少女(14)にいかがわしい行為をした疑いが持たれています。
 警察は川瀬容疑者の認否を明らかにしていません。
 警察によりますと川瀬容疑者と少女は出会い系サイトで知り合ったということです。
 警察は川瀬容疑者の余罪も含め、詳しく調べています。

4人を懲戒処分

北海道文化放送
2021年3月29日(月)21時30分

"覚醒剤所持"で逮捕 57歳小学校教師を懲戒免職 体罰・無断欠勤…札幌市教委4件処分

 自宅で覚醒剤約0.1グラムを所持していたとして2月16日に逮捕された小学校教師が、3月29日付で免職の懲戒処分となりました。

 懲戒免職処分となったのは、札幌市立篠路西小学校の教師、小松光利容疑者(57)です。

 小松容疑者は、自宅で覚醒剤約0.1グラムを所持していたとして、覚せい剤取締法違反の疑いで2月16日に逮捕、翌17日に送検されています。

 2月8日、警察が小松容疑者の自宅を家宅捜索したところ寝室から覚醒剤が見つかり、「1か月くらい前に使った」などと使用をほのめかしていました。

 これを受け札幌市教育委員会は、3月29日付で小松容疑者を免職の懲戒処分としました。

 小松容疑者は、穏やかな性格で勤務態度に問題はなかったということです。

 29日に懲戒処分4件を公表した札幌市教育委員会の長谷川雅英教育長は、「2020年度は既に2件の懲戒処分を行うなど、重大な不祥事が相次いでおり、札幌市教育委員会としても再発防止に向けて対策を強化している中で、新たに免職処分を含む4件の懲戒処分を行うに至ったことは、極めて深刻な事態であると重く受け止めております。職員一人ひとりが自覚をもって行動するよう指導し、市民の皆様の信頼を回復できるよう努めてまいります」とコメントしています。

 札幌市教委はこのほか、生徒へげんこつしたり大声で怒鳴り机をたたいたりした中学校の30代男性教師を減給2か月、正当な理由なく12日間欠勤した小学校の30代女性教師を減給2か月、赤信号の交差点に進入し人身事故を起こした支援学校の40代男性教師を減給1か月の懲戒処分としています。

続きを読む

酒気帯び運転で中学校教諭を摘発

北海道放送
2021年03月12日(金)19時45分

酒気帯び運転で摘発された中学校教諭 学校への報告は10日後に 「言おう言おうと…」 北海道幕別町

 先月、北海道幕別町の中学校教諭が、酒気帯び運転の疑いで摘発され、道教委が処分を検討しています。

 幕別町教育委員会によりますと、幕別町内の中学校に勤務する20代の男性教諭は、先月27日午前1時半ごろ帯広市内で乗用車を運転していた際に、警察に停止を求められました。
 警察がアルコール検査をしたところ、呼気から基準値を上回るアルコールが検知されたため、酒気帯び運転の疑いで摘発されました。
 教諭は、帯広市内のスナックから自宅に帰る途中で、スナックではウイスキーの水割りを飲んだということです。
 教諭は、摘発された後も通常通り勤務し、10日経った今月9日になってから学校に酒気帯び運転を報告しました。「言おう言おうと思い、長くなってしまい報告が遅れた」と話しているということです。
 教諭は現在、自宅謹慎中で、道教委は教諭の処分を検討しています。

男子生徒の下半身触る

北海道放送
2021年03月02日(火)23時10分

教室で教え子の男子生徒の下半身を触る 中学校教諭の男を逮捕 「わいせつ目的ではない」 北海道

 去年11月、中学校の教室で、教え子の男子生徒の下半身を触った疑いで、2日、北海道千歳市の中学校教諭の男が逮捕されました。

 強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、千歳市に住む中学校教諭、仲村貴宏(なかむら・たかひろ)容疑者43歳です。

 仲村容疑者は、去年11月18日の午後0時ごろ、勤務する札幌市の中学校の教室で、教え子の男子中学生の下半身を、服の上から触った疑いが持たれています。

 警察によりますと、当時、教室には、ほかの生徒も複数いたということで、保護者がことし1月に警察に相談して逮捕に至りました。

 仲村容疑者は、警察の調べに対し「触ったことは間違いない」と話す一方で、「わいせつ目的ではない」という趣旨の話をしているということです。

 一方、札幌市教育委員会によりますと、仲村容疑者は事件の翌日から年休などを取り、教壇に立っていません。

 札幌市教委の聞き取り調査に対し、仲村容疑者は、行為をおおむね認めているということで、札幌市教委は処分を検討しています。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク