FC2ブログ

「なんでできんがな」「あほか」教師、何度も暴言

読売
2019年5月24日(金)15時05分

「なんでできんがな」「あほか」教師、何度も暴言

 高知県内の公立小中高校と特別支援学校で2017年11月から1年間に、教諭が児童生徒に対し、体罰など不適切な行為をしたと認定された事案が84件に上ることが、県教委の実態調査でわかった。県教委は行きすぎた行為をした教諭3人を減給や戒告の懲戒処分とし、15人の教諭を文書注意などにした。

 県内では教諭が体罰で懲戒処分を受けるなど不祥事が絶えず、体罰根絶に向けた取り組みを強化するため昨年11月、17年11月~18年10月を対象期間として児童・生徒計5万9581人にアンケートを実施し、5万7688人から回答(回収率96・8%)を得た。

 結果によると、不適切な行為と認定した84件のうち、たたく、蹴るなどの「有形力の行使」が35件、教諭の暴言による「尊厳を損なう行為」が49件あった。有形力の行使は小学校が21件と最も多く、尊厳を損なう行為では中学校が38件と目立った。

 有形力の行使では、たたく、蹴るのほか、生徒指導中に正座をさせたり、給食の時間に入っても課題を続けさせたりする事案があった。一方、尊厳を損なう行為では、部活の指導で「へたくそ」「なんでできんがな」などと厳しく叱責しっせきを繰り返したり、授業中に「あほか」など何度も暴言を吐いたりするケースがあったという。

 懲戒処分などを受けた教諭に聞き取り調査したところ、大半が「指導の一環だった」と回答し、「保護者や子どもたちの信頼を裏切り申し訳ありませんでした」と反省しているという。

 県教委は「体罰や暴言は子どもたちの心に傷を負わす悪質な行為であり、調査結果を重く受け止め、それぞれの教員に対し厳正に対処していく」とし、再発防止策として「市町村教委や校長会と連携を図りながら、各学校での綱紀粛正を徹底させていく」としている。


スポンサーサイト



スカート内盗撮

朝日放送 
2019年03月30日(土)14時20分

女性のスカートに小型カメラ 中学校教師の男を逮捕

女性のスカートの中を小型カメラで盗撮しようとした疑いで、高知県の中学校教師の男が逮捕されました。

迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、高知県須崎市の中学校教師・尾原慶祐容疑者(33)です。尾原容疑者は29日午後、徳島県藍住町のショッピングセンターで、女性客の背後からスカートの下に小型カメラを入れた疑いが持たれています。保安員が不審な動きをしていた尾原容疑者を見つけ、警察に通報し、警察官が尾原容疑者に話をきいたところ、盗撮行為を認めたということです。警察によりますと、尾原容疑者はズボンの裾に小型カメラを隠していました。尾原容疑者は「盗撮は初めてではない」と話していて、警察は、余罪についても調べる方針です。

県立高校教諭 セクハラで減給

NHK NEWS WEB
2019年03月28日(木)18時03分

県立高校教諭 セクハラで減給

県立高校に勤務する50代の男性教諭が、同僚の女性教職員の胸のあたりを触るセクハラ行為をしたとして、県教育委員会は28日、この男性教諭を減給の懲戒処分としました。

減給の懲戒処分を受けたのは県中部の県立高校に勤務する50代の男性教諭です。

県教育委員会によりますと、男性教諭は今月23日、県中部の飲食店で開かれた職場の懇親会で、同僚の20代の女性教職員の左胸のあたりを触ったということです。

その後、この懇親会に参加していた別の教職員が教頭に報告し、男性教諭に確認したところ、事実関係を認めたということです。
男性教諭は県教育委員会の聞き取りに対し、「大変なことをしてしまい反省している」と話しているということです。

県教育委員会は、女性に精神的苦痛を与えたうえ、教員の社会的信用を失墜させる行為だとして、28日付けでこの男性教諭を6か月間、減給10の1の懲戒処分としました。

県教育委員会によりますと、今回の処分を含めて、県内の公立学校では、去年4月から28日までに、覚醒剤の使用や横領などで前の年度より5人多い11人の教職員が懲戒処分を受けています。

県教育委員会高等学校課の竹崎実課長は、「繰り返し不祥事が発生してしまい、県民のみなさまにお詫び申し上げます。新年度に向け教職員一同、気を引き締めて再発防止に努めたい」と陳謝しました。

教諭が障害ある児童にけがさせる 高知

NHK NEWS WEB
2018年11月22日(木)18時15分

教諭が障害ある児童にけがさせる

県内の特別支援学校に勤務する40代の男性教諭が、先月の修学旅行中に知的障害がある児童に全治1週間のけがを負わせたとして県教育委員会は教諭を減給の懲戒処分としました。

減給の懲戒処分を受けたのは県内の特別支援学校に勤務する40代の男性教諭です。

県教育委員会によりますと、教諭は先月25日、香川県で行っていた修学旅行の宿泊先で、廊下であおむけになって寝転がっていた小学部6年で知的障害がある男子児童を部屋に戻そうとした際、児童の両足を持ち上げて3mほど引きずりながら部屋に入れたということです。
この時、児童の背中が廊下のカーペットにこすれ、全治1週間のけがを負ったということです。

県教育委員会は、教諭の行為は教員の社会的信用を失墜させるものだとして、22日付けで教諭を減給1か月間、10%の懲戒処分としました。

県教育委員会の聞き取りに対して教諭は事実関係を認め「私の配慮の無い行為で傷を負わせてしまい深く反省している」と話しているということです。

県教育委員会では今年に入って教員や臨時講師などによる不祥事が相次いでいて、会見した小中学校課の黒瀬渡課長は「より配慮が必要な児童に対して安全への配慮を怠りけがを負わせたもので、児童の安全を守る教育公務員としてはあってはならない行為だ」と陳謝しました。

運動部顧問、女子生徒10人以上の体を触る

読売オンライン
2018年11月05日(月)21時52分

運動部顧問、女子生徒10人以上の体を触る

 顧問を務める運動部の女子生徒10人以上の体を触るわいせつ行為をしたとして、高知県教委は5日、県内の公立中学校の30歳代の男性教諭を懲戒免職処分にした。男性教諭は「体をほぐすためだった」とわいせつ目的を否定しているという。

 県教委によると、男性教諭は2015年10月~今年9月の約3年にわたり、校内外で、10人以上の女子生徒の体を必要以上に触る行為を繰り返した。いずれも男性教諭と生徒が1対1の状況だったという。

 今年9月、男性教諭の勤務先の中学校に複数の保護者から相談があり、発覚。県教委の調査に、生徒らは「断りきれなかった」などと話したという。県教委は、県警にも相談している。

 県教委は、同じ中学校の校長も、監督責任を問い、戒告の懲戒処分にした。
プロフィール

MarkTwelve

Author:MarkTwelve
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
検索フォーム
リンク
   
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR