FC2ブログ

富山西高校 成績などの個人情報、教卓に置きっ放し

チューリップテレビ
2021年3月17日(水)15時03分

富山西高校 成績などの個人情報、教卓に置きっ放し

 富山西高校で生徒およそ150人分の成績など個人情報を記載した資料が3週間にわたり教卓内に放置されていたことがわかりました。

 担当教員の置き忘れが原因で生徒たちも見ることができる状態でした。

 富山西高校によりますと今年1月下旬から2月中旬にかけて教室の教卓内に2年生およそ150人の個人情報が記載された資料が放置されていたということです。

 この資料はクラス替えに使われるもので生徒の成績や進路の意向、校則違反の指導歴などが書いてあり、生徒たちも見ることができる状態でした。

 原因は担当教員の置き忘れで別の教員が掃除をしている際に見つかったということです。

 富山西高校では現時点で情報漏えいは確認されていないとした上で、今後は個人情報の取り扱いについては複数人で管理し、再発防止に努めたいとしています。
スポンサーサイト



釣銭泥棒

チューリップテレビ
2020年6月30日(火)18時25分

男性教諭を懲戒処分 他人の釣り銭を“ネコババ”

 小学校の男性教諭がガソリンスタンドの給油機に残っていた他人の釣り銭用レシートを使って現金5000円を盗み取ってていました。

 男性は停職3か月の懲戒処分となり30日付けで依願退職しています。

 「深くお詫びを申し上げます」(県教委)

 30日付けで停職3か月の懲戒処分を受けたのは県西部の小学校で担任を勤めていた30歳の男性教諭です。

 県教委によりますとこの男性教諭は去年11月、勤務後に立ち寄ったガソリンスタンドで給油機に残っていた他人の釣り銭用レシートを精算機に読み取らせて現金5000円を引き出していたということです。

 今年2月に警察が任意で事情を聞いたところ男性教諭は容疑を認めていて、窃盗の疑いで書類送検後、不起訴となっています。

 男性教諭は、県教委の聞き取りに対して「出来心でやってしまった」と話したということです。

 この男性教諭は30日付けで依願退職しています。

女子高生にわいせつ行為

北日本放送
2019年12月26日(木)18時31分

女子高校生に対し男性教諭がわいせつな行為で免職処分

 県立高校の男性教諭が女子生徒に複数回にわたり、わいせつな行為をしていたことが分かりました。県教育委員会は26日付けで、この教諭を免職処分としました。

 処分を受けたのは、県立高校に勤める20代の男性教諭です。

 県教育委員会によりますと、この男性教諭は、ことし2月から互いに好意を寄せあっていた女子高校生に対し、未成年であることを知りながら、複数回にわたってわいせつな行為をしたということです。

 男性教諭は行為を認め、「大変申し訳ないことをした、とても悔いている」と話しているということです。

 県教委は、この男性教諭を26日付けで、最も重い免職処分としました。

 一方、学校や教諭の名前などは女子生徒側のプライバシー保護のためなどとして公表していません。

 県教委はこのほか、ことし10月に2回にわたり、生徒のシューズを盗んだとして県立高校に勤務する60代の技能主任専門員を26日付けで96日の停職処分としました。

 この職員は26日付けで依願退職しました。

 今回処分を受けた2人について、生徒や保護者からの警察への被害届は出ていないということです。

個人情報記載の生徒指導票 小矢部園芸高校で紛失

チューリップテレビ
2019年08月09日(金)18時26分

個人情報記載の生徒指導票 小矢部園芸高校で紛失

 先月、小矢部園芸高校で1年生の生徒15人全員の『生徒指導票』を紛失していたことが分かりました。

 県教育委員会によりますと、先月16日、小矢部園芸高校の生徒指導の担当教諭が1年生の生徒15人分の生徒指導票が所定の場所に無いことに気付き、管理職に連絡しました。

 『生徒指導票』には、生徒の家族構成や住所、顔写真などが記載されていて通常は施錠できるロッカーに保管されているということですが、4月中旬から先月中旬まではカギはかかっていなかったということです。

 校内で職員全員に聞き取り調査を実施しましたが生徒指導票は見つかっていないということです。

 現時点で個人情報が外部に漏えいしたという事実は確認されていません。

 『生徒指導票』の紛失をうけて、伍嶋二美男(ごしま・ふみお)教育長は「教職員一人一人が個人情報の厳重な管理と漏えい防止に取り組むよう指導を徹底します」とコメントしています。

女子高生買春容疑

チューリップテレビ
2019年05月14日(火)18時42分

金沢市内で児童買春の疑い 片山学園中の男性教諭を逮捕

 今年3月、金沢市内のホテルで、女子高校生に現金を渡しみだらな行為をした疑いで、富山市の片山学園中学校に務める男性教諭が、13日、逮捕されました。

 児童買春等処罰法違反などの疑いで逮捕されたのは、片山学園中学校の教諭で富山市東黒牧(ひがし・くろまき)の中山浩司(なかやま・こうじ)容疑者(48)です。

 警察によりますと、中山容疑者は、今年3月31日の夜、金沢市内のホテルで、石川県内の女子高校生に現金1万3000円を渡し、みだらな行為をした疑いが、持たれています。

 2人は、SNS(エスネヌエス)を通じて知り合ったとみられ、調べに対し中山容疑者は、買春(かいしゅん)の行為は認める一方で、「年齢は18歳未満であると完全に分かっていたわけではない」と容疑を一部否認しているということです。

 片山学園中学校によりますと、中山容疑者は去年10月に、非常勤の講師に採用されて以降、国語を担当していますが、犯行翌日の4月1日からは、教諭として採用されていました。

 片山学園中学校の望月尚志(もちづき・なおし)校長は、取材に対し、「生徒の心のケアに努めるとともに、保護者には、誠心誠意お詫びしたい」とコメントしています。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク