FC2ブログ

女子生徒にセクハラ

KNB
2018年05月30日(水)17時21分

セクハラ行為で免職など教員処分発表

 県内の公立中学校の男性教諭がことし3月、女子生徒に対し複数回にわたって体を触るセクハラ行為をしていたことがわかりました。

県教育委員会は、30日付けでこの教諭を免職処分にしました。

県教委によりますと、ことし3月下旬、県内の公立中学校の20代の男性教諭が、県内に住む10代の女子生徒に対して体を触るセクハラ行為を複数回にわたってしたということです。

先月上旬、この教諭が勤める中学校の校長に中学校内部から通報があり判明しました。

男性教諭は、県教委に対して「好意を募らせてやった」とセクハラ行為を認めています。

県教委は、教師としてあるまじき行為だとして、この教諭を30日付けで免職処分としました。

一方、被害者のプライバシー保護のためとして教諭の名前などは公表していません。

また、先月 富山市で酒を飲んで車を運転し事故を起こしたとして酒気帯び運転の疑いで逮捕・書類送検された立山町立 立山中央小学校の黒田千恵子臨時講師(40)を、講師の任期が切れる7月末まで停職処分としました。

さらに、高岡高校で書道の授業の際に「漢字仮名交じりの書」の指導を行っていなかった50代の女性教諭を書面訓告としました。

県教委は、改めて教職員の綱紀保持を徹底するとしています。

小学校講師の女、歓迎会で飲酒し酒気帯び運転

読売オンライン
2018年04月05日(木)13時24分

小学校講師の女、歓迎会で飲酒し酒気帯び運転

 富山県警富山中央署は3日、富山市二口町、立山町立小学校臨時的任用講師の女(40)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、女は同日午後10時50分頃、同市神通本町のビル敷地内で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。ビルの壁やブロック塀に衝突し、駐車していた車計3台を損傷させた。ビルにいた男性から通報を受け、同署員が駆けつけたところ、呼気から基準値以上のアルコール分が検出された。

 立山町教育委員会によると、女は今年度、同小学校に着任し、5日の始業式に出席する予定だった。同校によると、3日は教職員の歓迎会だった。大岩久七教育長は「教育に対する信頼を著しく損ね、大変遺憾だ。再発防止に努め、信頼回復に全力で取り組む」と述べた。町教委は4日、町内の全ての小中学校に綱紀粛正の徹底を図るよう通知を出した。

富山県教委 校長・教諭ら大量処分

読売オンライン
2018年03月29日(金)14時43分

無免許運転、窃盗容疑…校長・教諭ら37人処分

 富山県教育委員会は28日、無免許運転で事故を起こして逮捕されたり、窃盗容疑で書類送検されたりしたなどとして、公立校の校長や教諭ら37人を同日付で処分したと発表した。

 内訳は、懲戒処分4人、厳重書面訓告3人、書面訓告30人。

 県教委教職員課によると、昨年10月に無免許運転で人身事故を起こし、逮捕された高岡市立戸出東部小の教諭(28)を停職6か月、昨年11月に窃盗の疑いで書類送検され、不起訴となった富山工高の50歳代の男性教諭を懲戒免職処分とした。昨年11月、生徒の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失した滑川高の20歳代の男性教諭は減給2か月の懲戒処分とした。

 このほか昨年、複数回にわたって富山商高相撲部員の頭をたたいたり尻を蹴ったりするなどの体罰を行ったとして、顧問で20歳代の男性臨時的任用講師を戒告とし、生徒の髪を切る不適切な指導を行った水橋高、上市高、富山北部高、富山工高の校長や教諭ら23人を厳重書面訓告や書面訓告とした。

 渋谷克人教育長は「県民の皆さまの信頼を損なったのは、誠に残念であり、深くおわび申し上げる。教職員の綱紀の保持などの徹底を図り、再発防止に取り組む」とコメントした。

県立高校4校で140人の生徒が頭髪をはさみで切る指導

チューリップテレビ
2018年03月22日(木)19時48分

県立高校4校で140人の生徒が頭髪をはさみで切る指導

 県教育委員会は、県立高校4校で、あわせて19人の教諭が140人の生徒に対し、頭髪をはさみで切る指導をしていたと公表しました。

  先月、富山市の水橋高校で、複数の教諭が、校則違反を理由に生徒の髪をはさみで切っていたことが発覚しました。

 この問題を受けて県教育委員会は、すべての県立高校で、教職員と在校生への調査を実施したところ、水橋を含む、富山工業、富山北部、上市のあわせて4校で、2015年4月以降に、19人の教諭が140人の生徒に対し、頭髪をはさみで切る指導をしていたことが分かりました。

 理由についていずれの高校も、「校則に違反している点を繰り返し指導したが改善が見られなかったため、生徒の同意のうえでおこなった」としています。

 「(違反した髪の長さは)いずれの件も、何十センチ、何センチという単位ではないと聞いております。ほぼ数ミリ」「歴史的な経緯の中で、これまでやってきたことが残っていたというのが現状なんだろうと思うのですが」(県教委・廣島伸一教職員課長)

 髪を切られた生徒が最も多かったのは、富山工業の68人で、教諭5人がおこなっていました。

 水橋は、先月、問題が発覚した際には、生徒44人の髪を教諭6人が切ったと発表していましたが、その後の調査で生徒は2人増え46人、髪を切った教諭は1人増え、教諭7人に訂正しました。

 県教委は、こうした指導が「行き過ぎていた」と認め、今後、いずれの高校も生徒と保護者に対して、謝罪するということです。

 時代遅れの指導は、学校教育の現場で、なぜ、続けられてきたのでしょうか?質問「各学校に対して命令まではできないにしても、こういうものはそぐわないという指導まで踏み込むことはできるんじゃないですか?」「そういった校則があることが時代遅れかどうかという判断も、いろいろ個人的には思うところはありますけども」(県教委・廣島伸一教職員課長)

 質問「でも、そこを指導していかなければ何も改善されないのでは?」「『それが悪い』と誰が言うかということのような気がするが、すみません、そこについては私からはコメントできないということでお願いできませんでしょうか」(県教委・廣島伸一教職員課長)

 一方で、県教委は、今年度、発覚した体罰についても公表しました。

 それによりますと、富山商業と氷見、滑川の3つの高校で、部活動や生徒指導の際に、あわせて4人の男性教職員が11人の男子生徒に対し、頬を平手打ちするなどの指導をおこなっていました。

 中でも、富山商業の相撲部では、臨時講師が5人の部員に対して頭を叩いたり、尻を蹴ったりする体罰を、9回にわたり繰り返していました。

 県教委は、頭髪を切ったり体罰をおこなったりした教職員について、処分を検討しているということです。

続きを読む

富山東高校 部活旅費を過剰徴収 30万円以上 1年半返還せず

チューリップテレビ
2018年03月20日(火)17時52分

富山東高校 部活旅費を過剰徴収 30万円以上 1年半返還せず

 富山東高校の合唱部の顧問の女性教諭が発表会の旅費を実際より30万円以上多く生徒から集め、1年半近く返還していませんでした。

 中﨑(なかざき)校長は不適切な会計処理だったと謝罪しました。

 「非常に申し訳ないと思っております」(中﨑校長)

 富山東高校の中﨑(なかざき)校長によりますと、合唱部の顧問だった50代の女性教諭が、2016年夏に広島県で行われた発表会への旅費として、事前に生徒14人から2万円ずつ集めました。

 しかし、これだけでは足りなかったとして発表会終了後におよそ1万6千円ずつ生徒から集めました。

 その後、学校からの補助などで、実際の生徒の負担額は1万2千円程度となりましたが、余分に徴収したおよそ2万4千円を返還していませんでした。

 去年11月、学校が別の事案でこの教諭の会計処理を調査したところ、判明したということです。

 「ピアノの中に保管していたことを忘れていましたと本人が申していた」(中﨑校長)

 教諭は会計帳簿などを作成しておらず学校の聞き取りに対し、「誤って、旅費を多く集めてしまった」「音楽室のピアノの中に事前に徴収したお金を保管したまま忘れていたと」説明したということです。

 学校は去年12月に生徒の保護者に説明し、過剰に集めた分を返還しています。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク