FC2ブログ

教職員わいせつ、類型化して対策 静岡県教委、行動規範制定へ

静岡新聞
2021年3月8日(月)13時00分

教職員わいせつ、類型化して対策 静岡県教委、行動規範制定へ

 静岡県内で教職員の不祥事が相次ぎ、県教委の懲戒処分は本年度、2月までに過去最多だった2016年度の24件に並んだ。このうち児童生徒へのわいせつ行為やセクハラが7件を占める。県教委はわいせつ行為の分析を基に、21年度に教職員の行動規範制定やSNSによる私的交流に対する懲戒処分基準の規定追加などに取り組む。ただ、任命権を持つ県教委と服務管理を担う市町教委との連携など、課題は多い。

 県教委は20年度、他県の対策を基に、教職員による子どもへのわいせつ行為を類型化した。被害者と一定の関係性を築く「関係乱用型」と、性的欲求などを一方的に押しつける「性嗜癖(しへき)型」に分け、さらに二つの型に分類。加害者自身の動機、良心、機会の欠如、被害者の抵抗―という「四つの壁」を越え、被害が発生すると分析。教職員間のチェック体制や子どもと2人きりにならない環境づくりを対策のポイントに挙げた。

 ■私的交流に規定

 性加害をする教職員が児童生徒と距離を縮める手段として、近年問題視されているのが個人のSNSやメールだ。県教委はSNSなどでの私的なやりとりを禁じているが、ルールを破る事例は相次いでいる。

 2月には勤務校の女子中学生に恋愛感情を抱き、LINE(ライン)で自宅に呼び出してわいせつ行為をした男性教諭が懲戒免職に。勤務校の女子高校生とツイッターでつながり、体に触るなどした男性教諭も停職になった。こうした事態を受け、県教委は21年度、懲戒処分基準を改定し、SNSでの私的交流に対する規定を明文化する。

 ■公式ツール試行

 一方、県教委が昨年、学校現場の若手、中堅教員から集めた不祥事防止対策への意見では、携帯電話の利用について「業務用のスマホが支給されるとよい」「保護者との連絡用システムがほしい」などの声も上がった。

 家庭との連絡手段を“公式ツール”に統一するため、21年度は県立3校で行事予定や欠席連絡を一元管理できるシステムを試験導入する。県教委は連絡状況を管理職も把握できる公用システムが、教員間のチェック体制強化につながると期待する。ただ、小中学校では市町ごとにICT環境が異なり、どこまで普及するか未知数だ。

 2月に開いた臨時校長会で県教委は、各市町や地区ごとでも対策の方針をまとめるよう求めた。県教委教育総務課の貝瀬佳章参事は「他市町で発生した不祥事を対岸の火事としないよう効果的な取り組みを集めて体系化したい」と話した。


2021-3-8 静岡新聞

続きを読む

スポンサーサイト



SNS 生徒と私的なやりとりで懲戒処分

・共同通信
2021年3月2日(火)18時19分

教員に生徒との私的SNSを制限
静岡県教委、懲戒処分の対象

 児童、生徒へのわいせつ行為による教員の懲戒処分が相次いだことを受け、静岡県教育委員会は2日、教員が児童や生徒と会員制交流サイト(SNS)で私的なやりとりをした場合に、懲戒処分の対象にする方針を明らかにした。SNS利用がわいせつ事案を誘発していると判断し、早ければ2021年度にも教員の処分規定に盛り込む。

 県教委によると、現在の規定はSNS利用そのものには触れておらず、「不適切な言動」があった場合のみ処分の対象としている。従来の通知では、部活などで複数の生徒を対象にした連絡網などといった形での利用を容認していた。

公判中の教諭が万引きでまた逮捕

NHK NEWS WEB
2021年02月28日(日)20時34分

公判中の教諭が万引きでまた逮捕

去年、コンビニエンスストアなどで2回、万引きをしたとして逮捕・起訴され、裁判が続いている静岡市清水区の50歳の中学校教諭が、27日、スーパーマーケットでおよそ1万円相当の食料品を万引きしたとして、あらためて逮捕されました。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、静岡市立清水飯田中学校の教諭で静岡市清水区に住む杉山公章容疑者(50)です。
警察によりますと、杉山教諭は27日午後2時半ごろ、静岡市葵区のスーパーマーケットで、すしなど食品23点、あわせておよそ1万円相当を万引きした疑いがもたれています。
スーパーの従業員が、杉山教諭が商品を袋に入れて会計をせずに店を出る姿を見たとして、その場で取り押さえ、警察へ通報したということです。
警察は、教諭が容疑を認めているか明らかにしていません。
警察が、店の防犯カメラなどから詳しい状況を調べています。

杉山教諭は▼去年5月に、市内のコンビニエンスストアで食料品を万引きした罪で罰金30万円の略式命令を受けたあと、▼去年6月にも、市内の書店で文庫本など2万円あまりを万引きしたとして逮捕・起訴され、仕事を休職して裁判が続いていました。
静岡市教育委員会は、判決後に処分を検討する方針だったということで、「公判中の教職員が逮捕されたことは甚だ遺憾で、重く受け止めている。事実を確認した上で、厳正に対処する」とのコメントを発表しました。

特別支援学校教諭が暴行疑い逮捕

NHK NEWS WEB
2021年02月16日(火)11時42分

特別支援学校教諭が暴行疑い逮捕

15日朝、伊豆の国市で、車を運転していた県の特別支援学校に勤務する58歳の男性教諭が、交通トラブルから相手の車の窓などをたたいたとして暴行の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは三島市中島に住む県の特別支援学校の教諭、田口誠容疑者(58)です。

警察によりますと、田口教諭は、15日午前8時ごろ、車を運転して伊豆の国市内の交差点を通行しようとしたところ、別の車を運転していた27歳の男性と交通トラブルになり、男性の運転席側の窓ガラスなどを複数回たたいたとして暴行の疑いが持たれています。

警察は、田口教諭が容疑を認めているかどうか明らかにしていません。

警察によりますと、田口教諭が左折のため、その先の道路に進入しようとしたところ、対向の車の男性とトラブルになったということです。

警察が、ドライブレコーダーを調べるなど、当時の状況を詳しく調べています。
静岡県教育委員会の木苗直秀教育長は「教職員が一丸となって不祥事の根絶に取り組んでいる中で、誠に遺憾であり、おわび申し上げます」というコメントを出しました。

不祥事相次ぎ 静岡県教育委員会が臨時校長会

静岡放送
2021年02月12日(金)

不祥事相次ぎ 静岡県教育委員会が臨時校長会

 現職の教頭が、元教え子をわいせつ目的で誘拐するなど教職員の不祥事が相次いでいることを受けて、県教育委員会は臨時の校長会を開きました。

<県教委 宮崎文秀義務教育課長>「先生が先生でなくなってしまうような信用失墜行為は、子どもたちへの背信行為です」
 臨時の校長会は県東部の市町をオンラインで結んで開かれ、県東部総合庁舎には沼津市内の小中学校の校長約50人が集まりました。県内では教職員による児童へのわいせつ行為やセクハラ行為が相次ぎ、2020年度は既に7件の懲戒処分を行っています。特に沼津市では、市立中学校の教頭がわいせつ目的で元教え子の10代の少女を車で誘拐した罪などで裁判を受けていて、懲戒免職となっています。
<県教委教育総務課 貝瀬佳章参事>「特に児童生徒へのわいせつセクハラは完全に止めていきたい。何よりも被害児童生徒に心の傷が残ることを止めなくてはならない」
 会議では私物のスマホを使用しないなど、情報や行動の可視化や共有化といった対策が示されました。県教育委員会はこの春にも教職員の新たな行動規範をつくる方針です。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク