FC2ブログ

セクハラ、速度違反で教諭2人を懲戒処分 鹿児島県教委

MBC南日本放送
2020年06月17日(水) 16時38分

セクハラ、速度違反で教諭2人を懲戒処分 鹿児島県教委

鹿児島県教育委員会は、セクハラや速度違反をしたとして、2人の教諭をそれぞれ17日付けで懲戒処分にしました。

県教育委員会によりますと、北薩地区の県立学校に勤務する41歳の男性教諭は去年9月、知り合いの女性に対し同意を得ずに腰や足のマッサージを行ったということです。外部からの情報提供で発覚したもので、男性教諭は「腰を痛そうにしていたのでよかれと思ってやった、女性に不快な思いをさせてしまい反省している」と話しているということです。県教委は男性教諭を減給1か月の懲戒処分としました。

また、去年10月、通勤途中に速度違反を起こし反則金を支払ったことを校長に報告しなかったとして、大島地区の中学校に勤務する52歳の男性教諭を懲戒戒告処分としました。

県教委教職員課の池田浩一課長は、「児童生徒を指導する立場の学校職員として、このようなことはあってはならない、今後とも服務規律の厳正確保について指導していく」とコメントしています。

不適切発言で懲戒処分

フジテレビ 
2020年3月14日 土曜 午後2時20分

不適切発言の小学校校長を懲戒処分 鹿児島

県教育委員会は、複数の教師に不適切な発言などをしたとして、鹿児島地区の小学校に勤務する59歳の校長を減給1カ月の懲戒処分にしました。

減給1カ月の懲戒処分を受けたのは、鹿児島地区の小学校に勤務する59歳の男性の校長です。

県教委によりますと、校長はおととし6月から去年6月にかけて、複数の教師に対し、会議中に「出て行け」と発言したほか、「育ちが悪い」、「下の下」など、不適切な発言や感情的な指導をして、校内の職場環境を悪化させたということです。

校長は「職員を育てたいという気持ちだった」としていて、「今回の件を深く反省し、改善を図っていきたい」と話しているということです。

小学教諭わいせつ行為で懲戒免職

NHK NEWS WEB
2019年12月24日(火)20時13分

小学教諭わいせつ行為で懲戒免職

県内の小学校に勤める35歳の男性教諭が、女性の前で複数回にわたって下半身を露出するわいせつな行為をしたとして、県教育委員会は24日付けで懲戒免職処分としました。

懲戒免職となったのは、大隅地区の小学校の35歳の男性教諭です。

県教育委員会によりますと、この男性教諭はことし9月、鹿児島県内で、女性に下半身を露出したということです。

不審者に関する通報が寄せられた警察が男性教諭に職務質問をしたところ、下半身を露出したことを認めたということです。

また、県教育委員会のその後の調べで、この男性教諭は数年にわたって6人の女性に同様の行為を繰り返していたということです。

男性教諭は、「被害者に誠心誠意謝罪し、一生をかけて自分の罪と向き合い、被害者に償っていく」と話しているということで、県教育委員会はこの男性教諭を24日付けで懲戒免職としました。

県教育委員会は、「児童を指導する立場の教職員がこのような行為をしたことは決して許されることではない。教育に携わる人間としての自覚を徹底していく」とコメントしています。

スピード違反

読売
2019年10月20日(日)10時00分

女性教諭「業務を考えながら運転していたら…」

 鹿児島県教育委員会は17日、乗用車でスピード違反をしたとして南薩地区の県立学校の女性教諭(38)を戒告の懲戒処分とした。

 県教委によると、教諭は7月25日、南さつま市金峰町の県道で、速度制限の50キロを上回る81キロで走行して県警に摘発された。罰金4万円の略式命令を受け、すでに納付した。県教委の聞き取りに対し、教諭は「業務のことを考えながら運転し、速度の出し過ぎに気付かなかった」と話したという。

サッカー部で体罰

鹿児島テレビ
2019年10月11日(金)19時17分

高校サッカー部体罰問題で校長が県に報告

出水中央高校サッカー部監督の男性教師が、部員を蹴るなどしている動画がネット上に広がり男性教師の体罰が明るみになった問題を受け、出水中央高校の校長が体罰の経緯などを県に報告しました。

県庁を訪れたのは、出水中央高校の木山博隆校長です。

SNSに動画がアップされた、サッカー部の監督の男性教師が行った体罰の経緯について報告するためです。

拡散された動画には、出水中央高校のサッカー部の監督を務める男性教師が、今月8日の練習中にグラウンドで生徒を蹴り、平手打ちする様子が撮影されています。

学校によりますと、この男性教師はこのほかにも先月、体育際の練習の後にサッカー部の別の生徒に対し、首を手で押すなどの暴力が確認されています。

報告を受けた県は「体罰は許されない」と教職員に徹底すると共に、経緯や今後の対応をまとめた報告書を提出するよう学校側に求めたということです。

木山校長によりますと、男性教師は11日、サッカー部の部員らに「申し訳なかった」などと謝罪したということです。

学校は、男性教師の暴力行為が一時的なものではない可能性があるとして、サッカー部の生徒や保護者から聞き取りを行い、男性教師の処分を決めるとしています。

出水中央高校・木山博隆校長「暴力という事実があったことを見逃していたことに対しする監督不行き届き、深くお詫び申し上げたい」「生徒たちの傷ついた心を癒やす方向で最善を尽くしたい、これが私の思い」

なお、この男性教師は、10日付けでサッカー部の監督を解任されていて、自宅謹慎中ということです。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク