FC2ブログ

処分歴隠していた教諭を懲戒免職

TBS
2021年3月31日(水)20時31分

過去のわいせつ事件隠し勤務の教諭 検索システムで発覚し懲戒免職

 過去に起こしたわいせつ事件で受けた処分を隠して勤務を続けていた埼玉県の中学校の教諭が懲戒免職になりました。

 懲戒免職となったのは、埼玉県の公立中学校に勤務していた40代の男性教諭です。

 この教諭は、17年前に別の県の中学校で勤務していた際、女子生徒に対するわいせつ事件を起こしたとして懲戒免職となっていました。しかしその後、うその履歴書を提出し、埼玉県で13年間、臨時任用の教諭として勤務していました。4月1日から正式採用されることをうけて、県が教職員の処分の履歴を検索できるシステムで照会したところ、処分歴が明らかになったということです。

 県によると、このシステムを活用して採用を中止した例は全国で初めてだということで、教諭は県の聞き取りに対し「本当のことを言うと採用が難しくなると思い、隠してしまった」と話しているということです。
スポンサーサイト



処分歴を隠して36年間勤務

TBS
2021年3月22日(月)20時17分

過去の懲戒歴を隠して勤務 埼玉県の講師を懲戒免職

 過去に受けた懲戒処分を隠し、経歴を偽って勤務していた埼玉県の62歳の男性講師に対して、県は懲戒免職処分としました。

 懲戒免職となったのは、埼玉県の富士見市立富士見特別支援学校の石田浩志講師(62)です。県によりますと、石田講師は36年前、福岡県の中学校で教師をしていた際、女子生徒にわいせつな行為をしたとして懲戒免職となっていましたが、その後、経歴を偽り、1990年から2018年まで埼玉県で教師として採用されていました。

 去年から再び講師として採用されていましたが、今年2月から教職員の処分の履歴を検索できるシステムの対象が過去40年分まで延長されることを知り、今年1月に自ら教育委員会に名乗り出たということです。実際に検索できるのは懲戒免職になったうえで教員免許を失効した教職員で、石田講師は対象ではなかったということです。

 県は「教職員一人一人に対して、職責を自覚し、法令等を遵守するよう、綱紀粛正を図ってまいります」などとしています。

続きを読む

男子生徒を裸にして撮影

埼玉新聞
2021年2月19日(金)

脱いで…教え子をヌード撮影、教諭処分 卒業式の2日後に同意なく 校長に相談し発覚「怖くて何も言えず」

 県教育委員会は18日、卒業式の2日後に明確な同意なく元教え子の男性(20)のヌード写真を撮影したとして、西部地区の県立学校の男性教諭(42)を減給1月、10分の1の懲戒処分としたと発表した。

 県教育局によると、デザインなどを専門とする教諭は2019年3月11日、「うまく撮れたら渡す」とポートレート撮影を依頼し、校内で写真を撮影。その中で服を脱ぐよう求め、ヌード写真30枚を含む約100枚の写真を撮影した。

 男性は20年8月、「他の人が同じことをされないように」と校長にメールで相談。服を脱いだことについては「驚き、怖かったが何も言えなかった」と話したという。

 教諭は事実を認め、「撮影の流れでヌード撮影を思いついた。迷惑を掛け申し訳ない」と説明。撮影した写真は本人に渡すことも、教材や研究に使うこともなく、撮影から半年以内に処分したという。

 また、同局は電車やバスによる通勤方法を届け出ていたにもかかわらず自家用車で通勤し、通勤手当などを不正に受給したとして、同局県立学校部保健体育課の指導主事の男性(44)と教育総務部教職員課の男性(67)をそれぞれ減給6月、10分の1、同1月(同)の懲戒処分としたと発表した。

教え子の女子生徒にわいせつ行為

テレビ埼玉
2021年02月04日(木)18時22分

教え子に複数回わいせつで男性教諭を懲戒免職処分

県教育局は4日、教え子の女子生徒にみだらな行為に及んだとして、公立中学校の25歳の男性教諭を懲戒免職処分にしたと発表しました。

男性教諭は女子生徒と「付き合っていた」と話しているということです。

懲戒免職処分となったのは、県南部の公立中学校に勤務する25歳の男性教諭です。

県教育局によりますと、男性教諭は、去年1月から10月中旬にかけて自身が担当する教科を受ける女子生徒に対し、自宅や車の中などで複数回にわたってみだらな行為に及んだということです。

2人の関係については、10月下旬に別の生徒が他の教員に相談したことで発覚しました。

また、この男性教諭が複数の女子生徒と距離感が近いことを把握していた57歳の男性校長を、指導が不十分だったとして戒告処分にしています。

教職員3人を懲戒免職

毎日新聞
2021年1月22日(金)09時17分

小学校教諭、勤務先トイレで「9~10回盗撮」 懲戒免職処分 埼玉

 埼玉県教育委員会は21日、盗撮目的の女子トイレ侵入や、覚醒剤使用などで警察に逮捕された教職員3人を懲戒免職処分とした。

 所沢市立小の渡辺佑太教諭(33)は2020年11月、カメラ設置目的で勤務校の女子トイレに侵入したとして建造物侵入容疑で逮捕された。県教委の聞き取りに「9~10回盗撮した」と話したという。

 宮代町立前原中の稲尾英幸事務主任(44)は18年12月~19年1月、アダルト動画販売サイトで購入した未成年の少女の裸が映った違法動画2本を同サイトで転売したとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で愛知県警に逮捕された。

 所沢市立柳瀬中の柿沼信夫教諭(53)は、20年11月に自宅で覚醒剤を使用したとして、警視庁に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク